MOONFACEのLAジョイント取り付けでアッパーアームの干渉回避

かなり前から倉庫で眠っているMOONFACEのボールジョイントがあることに気が付き、友人の車に取り付けました。

 

ローダウンにありがちな(ダブルウィッシュボーン式)アームロックの解消として最もお手軽な金額で行える方法です。

 

MOONFACE(ムーンフェイス)のLAジョイント(ショートジョイント)についてかる〜くお話ししていきます。

 

 

MOONFACEのLAジョイントとは?

純正のボールジョイントとの比較写真があるので、こちらをご覧下さい。

 

  • 左側 純正のボールジョイント
  • 右側 MOONFACEのLAジョイント

 

ボールジョイントのボルト部分(正確にはナックルに入り込む部分)が短くなることで、アッパーアームをよりナックルに入れ込める部品です。

 

つまるところ、純正時よりもアッパーアームが入り込むため、フレームのクリアランスを確保する事が出来ます。

 

確か数値は【13〜14ミリ】です。

 

※かなり前に購入した部品なので、正確な数値はうる覚えです…

 

 

LAジョイントの取り付け

 

車種によってボールジョイントの取り付け方法は異なると思いますが、だいたいは同じだと思います。

 

Cクリップを外して、ジョイントを抜きLAジョイントに交換するだけです。

 

クラウンのアッパーアームですが、こちらの記事で交換方法について説明しています。

 

※多くの車種で似たような作業になります。(絶対じゃないけども。)

 

関連記事

友人に部品提供したところ、交換作業の写真が大量に送られてきました。 その写真を使いつつ、1つの記事を書き上げていきます。 この記事では、クラウンの純正アッパーアームのボールジョイント交換方法についてお話し[…]

 

LAジョイント装着後の変化

今回取り付けた車両には、短縮ナックルが入っているのですがエアサスを前下げした際、アッパーアームが干渉してしまって下がりきなない状態でした…

 

■ムーンフェイスLAジョイント装着前

 

■ムーンフェイスLAジョイント装着後

 

少し分かりづらい画像で申し訳ないですが、フロントがここまで下がるようになりました。

 

  • ムーンフェイスLAジョイント             -13ミリ
  • 純正アッパーアーム        -15ミリ

 

大凡、30ミリのクリアランス確保に成功です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、社外品のアッパーアームの方が純正よりもフレームとのクリアランスが狭くなる傾向が強いです。

 

 

どうしても外観がゴツくなるので、当たり前といえば当たりまえだけども。

 

あと、もう一点だけ補足しておくと、アッパーアームが短くなることでフレーム側に作ってあるアームの逃げの位置とズレてしまうのも原因だったりします。

 

※純正のアッパーアームがバンザイする位置を計算して、ボールジョイント部分の逃げが設けてあるからね。

 

まとめ

 

金額も1万円ちょっととそこまで高い商品では無いし、ボールジョイントのリフレッシュにもつながるのでおすすめです。

 

 

 

注意点を挙げるなら、この部品は純正のアッパーアームにしか使えないことぐらいだと思います。

 

常にアッパーアームが干渉してしまっているユーザーにはあまり向いていませんが、大きな段差で時々当たるぐらいであれば解消すると思います。

 

10ミリオーバーのクリアランス確保は大きいですね。

 

それでは。

 

■関連記事はこちら

関連記事

ダブルウィッシュボーン式サスペンションの定番問題の1つ、【アッパーアーム】の干渉に悩まされる方は多い。 ただ単純に車高を下げていくとどうしてもフレームとアッパーアームの干渉は逃れられません... とは言えしっかり対策をしてあげれば何[…]

関連記事

先日、当サイトの読者様よりこんな質問を頂きました。 アッパーアームが干渉するので、ナックルの短縮加工を検討していますが、短縮量はどうやって決めるべきですか? ナックルの短縮加工を検討しているものの、短縮量[…]

関連記事

IS250(GSE20)のフロントナックルを短縮ナックルに交換しました。 基本的に、クラウンも全く同じ作業内容です。どういうか同年式のトヨタセダンは基本同じです。 この記事では、IS250/18クラウンの[…]

関連記事

 アームロックという言葉を耳にするけど、アームロックってなに? この記事では、アームロックとは何か?このテーマでお話していきます。 サスペンション構造がイマイチ分からないユーザーにも分かるよ[…]

最新情報をチェックしよう!