ロアアームの上げ加工で車高が下がる車と下がらない車の違い

 

ロアアームの上げ加工をしようと思っているんだけど、車高も下がるよね?

 

こんな質問を過去に頂きました。(あれからかなりの時間が経過しましたが。)

 

そこでこの記事では、ロアアームの上げ加工に伴う車高の変化についてお話していきます。具体的には、車高が下がる車と下がらない(車高は変化しない)車の違いについてです。

 

 

ロアアームの上げ加工で車高が下がる車と下がらない車の違い

 

ロアアームの上げ加工で車高が下がる車と下がらない車の違いはサスペンション構造の違いです。

 

  • ストラット
  • ダブルウィッシュボーン
  • マルチリンク
  • アクスル(フォーシング) とかとか

 

ロアアームの上げ加工で車高が下がるサスペンション構造は、この2つです。

 

  • ダブルウィッシュボーン
  • マルチリンク

 

日本車の多くに採用されている【ストラット車】は下がりません。詳しくはこちらの記事で解説済みです。

 

関連記事

車の車高を下げている人であれば『ロアアームの上げ加工』なんて言葉を耳にした事がある!という方も多いはず。 しかし、このロアアームの上げ加工による本来の狙いとは違う意味合いで捉えているいる人が多いのも事実です。 […]

 

車高が下がるにはさらに条件付き

 

ダブルウィッシュボーンやマルチリンクなら、ロアアームの上げ加工で車高が下がるとお伝えしましたが、絶対に車高が下がるわけではありません。

 

条件が1つだけあります。

 

  • ロアアームにショックが取り付けられているコト

 

ショックアブソーバーがロアアームに固定されている車に限って、ロアアームの上げ加工に伴う車高の変化が生まれます。

 

理由はシンプルでロアアームの上げ加工によって、ロアアームの角度が変わりショックアブソーバーの取り付け位置が変化するためです。

 

上側の取り付けから下側の取り付け(ロアアーム)までの距離が長くなるため、車高が下がります。

 

 

余談ですが、もしバネが別体式である場合は、ロアアームの上げ加工に伴い、バネが遊んでしまう原因にもなるので注意です。

 

下の画像がまさにその構造です。

 

 

バネとショックがともにロアアームに固定されるのであれば、バネが遊ぶことはないのですが…

 

上の写真のように…

  • バネはロアアーム
  • ショックはナックル

 

このような取り付け構造の場合は、バネが遊んでしまいます。(調整が必要です。)

 

ショックを縮めて調整すれば、車高が下がるしバネ側のアジャスターで調整すれば、車高の変化を抑えることが可能です。

 

※画像はフーガ(Y50)

 

まとめ

 

ロアアームの上げ加工で車高が下がる車は、ダブルウィッシュボーンやマルチリンク。かつロアアームにショックの取り付けがされている車に限ります。

 

自分の車はどこにショックが取り付けられているかを確認したら、すぐに分かります。

 

これからロアアームの上げ加工を検討されている方は、参考にしてみてください。

 

当たり前ですが、ロアアームの上げ加工で車高が下がる車は同様にロールセンターアダプターでも同じように車高が下がります。

 

関連記事

車体を下げているユーザーにとって誰しも一度は『ロールセンターアダプター』というものを耳にしたり目にしたりする機会があるでしょう! 車高短必須アイテムなんて言われる事もあります。(付けなくてもダメでは無い。) […]

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

車高を下げることによって、ロアアームがバンザイしてしまう現象は、サスペンション構造的に避けては通れません。 そんなロアアームのバンザイですが、当然回避する方法もあります。 そこでこの記事では、ローダウンに[…]

関連記事

 車高を下げていく上で必要になるパーツの1つ!【ロールセンターアダプター】ですが何の目的で付けるのか?付けると何がどう変わるのかを知らない人も多い... そこで【ロールセンターアダプターとは?】これについて分かりやすく解説[…]

関連記事

車高を下げていくと、必要になるもしくは取り付けを検討する方が出てくる、『ロールセンターアダプター』は金額も安く、取り付け作業も楽チンなので取り付けを検討する方って多いと思います。 とは言え、やはり皆さんが気にする最大のポイントって言った[…]

 

 

 

最新情報をチェックしよう!