【エリシオン】リアのアッパーアーム交換方法

前回こちらでフロントアッパーアーム交換を解説しました。

 

関連記事

車高調の取り付けと同時作業でフロントのアッパーアームを交換しました。 この記事では、エリシオンのフロントアッパーアームの交換方法についてお話ししていきます。 今回はフロントの車高調取り付けと同時作業で[…]

 

この記事では、エリシオンのリアアッパーアーム交換についてお話ししていきます。

 

 

必要な工具

  • スピンナーハンドル
  • ラチェット
  • ソケット(12、17、19ミリ)
  • タイロッドエンドプーラー
  • ラジオペンチ
  • 長めのエクステンション

 

アッパーアームを固定する奥側のボルトが少し奥まった位置にあります。

 

それを緩めるのに長めのエクステンションが必要です。

 

今回使用したのは250ミリです。

 

 

エリシオンのリアアッパーアーム交換

エリシオンのリアアッパーアーム交換の手順は以下の通りです。

 

  1. ジャッキアップする
  2. ブレーキ配管をズラす
  3. ボールジョイントのナットを緩める
  4. プーラーでジョイントを外す
  5. 奥側のボルトを外す
  6. アッパーアームを取り付ける

 

ジャッキアップに関してはこちらをご覧下さい。

 

関連記事

エリシオンの購入を機に、しばらくエリシオンで遊んでいくのでそれに先立ち、ジャッキアップポイントについてお話しておきます。 フロント、リアそれぞれのジャッキアップポイントとリジットラックの掛け方についてお話していきます。[…]

 

順番に画像付きで解説していきます。

 

ブレーキ配管をズラす

 

アッパーアームのボールジョイント部分を外すのに、ブレーキ配管が邪魔になります。

 

こちらの12ミリのナット2つを外して、ステー丸ごとブレーキ配管を、ズラしておきます。

 

 

これでボールジョイント部分のナットにアクセスしやすくなります。

 

これは左右共通です。

 

ボールジョイントのナットを緩める

 

お決まりのRピンが入っているので、ラジオペンチでRピンを引き抜きます。

 

そしたら、19ミリのソケットを使用してナットを緩めておきます。

 

次にプーラーでジョイントを外すので、ナットは緩めるだけでOKです。

 

ジョイントのネジ山ツラか少し内に入れたところまでナットを緩めておけばOKです。

 

プーラーでジョイントを外す

 

ジョイントのナットを緩めた状態で、画像のようにタイロッドエンドプーラーを差し込みます。

 

 

あとはボルトを締め込んでいって、ボールジョイントを外してやります。

 

何度やっても外れる瞬間の音には慣れませんね…。ビクッとします。

 

 

ここはスペースが限られるので、画像のタイプのタイロッドエンドプーラーが有効です。

 

当然ですが、ギアプーラーは入りませんね…

 

奥側のボルトを外す

 

手前のボールジョイント側を外し終えたら、最後に奥側のボルトを外します。

 

ボルトサイズは17ミリです。

 

この時、ボルトにアクセスするのに長めのエクステンションが必要です。エクステンションが無いとボルトにアクセス出来ません…

 

今回は250ミリのエクステンションを使用しています。もう少し短いエクステンションでも作業は可能です。

 

 

長めのエクステンションを使えば、ボルトは簡単に外せます。

 

 

画像では少し分かりにくいですが、車体前方からサスペンションメンバーの隙間より工具を入れてやるイメージです。

 

裏側にネジ山があるタイプなので、反対側を押さえる必要はありません。

 

左右ともに長めのエクステンションだけでアクセス可能です。(特に外すものはありません。)

 

これで純正のアッパーアームが取り外し完了です。

 

 

アッパーアームを取り付ける

 

あとは逆の手順でアッパーアームを取り付ければやればOKです。

 

今回、こちらの調整式を使用するつもりでしたが、取り付け後何かを悟りました…。つまるところ、こちらの調整式アッパーアームは使用不可でした。笑

 

取り付け出来なかった理由について詳しくはこちらの記事で。

 

関連記事

今回足回りを組んだエリシオンには、オデッセイのアッパーアームを流用しました。 ちなみに前後ともにオデッセイのアッパーアーム。 フロントは有名な話ですが、リアに関しては情報が無かったので[…]

 

アッパーアームを買い直していては今日中に片付かないので、仕方なく純正アッパーアームを短縮。

 

 

外したアームを短縮加工して再び取り付け直しました…。

 

そのため、ぱっと見は純正のままですね。

 

 

 

まとめ

 

奥側を固定するボルトの位置が少し悪いですが、さすが国産車だけあって作業がしやすいこと…。久々の国産車だったのでちょっぴり感動。

 

長めのエクステンションが必要になるのでそこだけ注意です。

 

あとは取って付けるだけですね。

 

それでは。

 

 

■関連記事はこちら

関連記事

先日、ようやく継続車検を取得してきましたので、足回りに着手。 この記事では、エリシオンのフロント車高調取り付けについてお話ししていきます。 今回のエリシオンの型式は、RR1(FF、2.4リッター)です[…]

関連記事

前回こちらの記事でフロント編についてお話ししました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/entry/2021/08/12/083316 t[…]

関連記事

 これからキャンバーアームの取り付けをやるんだけど、自分で出来るかちょっと不安... そんなユーザーも少なくありません。 キャンバーアームの取り付け自体、それほど難しい作業ではありません。ポ[…]

関連記事

 これから調整式のアッパーアームを買うんだけど、どこのメーカーが良いのかな? アッパーアームを購入する際、どこのメーカーを購入するか迷う方も多いです。 そこでこの記事では、アッパーアームのお[…]

最新情報をチェックしよう!