【エリシオン】自作リアアッパーアーム短縮

先日、部品を全て準備して、エリシオンに足回りを組み込んでいたのですが、用意していたリアのアッパーアームが付かない…

 

聞いていた話とちょっぴり違った。

 

そこで急遽リアアッパーアームを自作で短縮加工しました。せっかくなので記録として記事に残して置きます。

 

 

 

自作リアアッパーアームの短縮

 

リアアッパーアームの短縮は、以前乗っていたE46の時にも行っていますが、その時とは違う方法で短縮します。

 

E46の時の短縮方法はこちら。

 

関連記事

今回購入したE46のアッパーアームには、スプリングが乗っかる形状のため社外アームが出ていません... そこで、DIY加工で短縮アッパーアームを作成しました。 実際にどんな流れで作業していくのかを画像付きで[…]

 

今回のアッパーアームは形状的にこの方法が無理なので…

 

アッパーアームを真ん中で切断し、それを溶接してくっつけました。切断する部分にマスキングテープを貼っています。少し曲がっているような気がしますが、幅はおおよそ均等です。

 

 

短縮したい分、アッパーアームを切り取り、切断したら溶接する面と面を斜めに削っておきます。

 

高速カッターを使おうかとも思いましたが、出すのが面倒だったのでサンダーでぶった斬りました。

 

 

こうすることで、溶接の溶け込み面積が増えるため、何もしていない突き当て溶接よりか、強度を出すことが可能です。

 

溶接するアーム同士を突き当てた際に、【Vの字】ができるイメージです。

 

開先と言いますね。

 

※溶接素人が何を言うか。

 

兎にも角にも、切断した面と面を突き当てて、一周溶接をくれてやります。画像は取ってないけど裏面からも。

 

今回はこちらの取り付け出来なかった、調整式アームの全縮状態と全く同じ長さになるように加工しました。

 

 

加工後は錆止めとしてシャーシブラックを溶接面に塗って車体に取り付けました

 

キャンバー角はバッチリ狙い通りです。

 

まとめ

 

急遽、エリシオンのリアアッパーアームを自作で短縮しました。

 

正直、この方法でアッパーアームを短縮してしまうと、ツラを出すのが難しいので調整式のアームに越したことはありません。(アームを買い直している時間がなかったから、即興で加工しましたが…。)

 

真似される方は自己責任でお願いします。

 

それでは。

 

 

■関連記事はこちら

関連記事

先日ISFに調整式アームを組み込みしたのですが、キャンバー調整のキャパが足りない...  [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/[…]

関連記事

 これから調整式のアッパーアームを買うんだけど、どこのメーカーが良いのかな? アッパーアームを購入する際、どこのメーカーを購入するか迷う方も多いです。 そこでこの記事では、アッパーアームのお[…]

関連記事

 E46(E36)のアッパーアームは何ミリ短縮しましたか? E46とE85のアッパーアーム短縮に関する質問がちょこちょこ飛んでくるので... この記事では、E46とE85のアッパ[…]

関連記事

 これからキャンバーアームの取り付けをやるんだけど、自分で出来るかちょっと不安... そんなユーザーも少なくありません。 キャンバーアームの取り付け自体、それほど難しい作業ではありません。ポ[…]

最新情報をチェックしよう!