【エッセ】エアコンフィルター交換方法。あれ、蓋がない…

先日購入した、エッセのエアコンフィルター交換を行いました。

 

そこでこの記事では、エッセのエアコンフィルター交換方法についてお話ししていきます。

 

ちなみに、エッセの場合エアコンフィルターは装備されていませんので、カットしてフィルターが入る様にする必要があります。(歴代のオーナーが触れていなければ。)

 

 

フィルターの蓋がない理由

 

たまたまフィルターの在庫があったので、エッセのエアフィルターを交換しようとしたのですが、フィルター部分の蓋がありません…。

 

エッセの場合は、エアコンフィルターが標準装備ではないため、蓋がない車両が多いと思います。

 

もし、蓋が付いている場合はオプションなり前のオーナーがフィルターを付けたかの二択になると思います。(オプションで追加出来るのかは知らん。)

 

兎にも角にも、エアコンフィルターの蓋がない場合は、現状でエアコンフィルターが無いという事になります。

 

商用車とかだと、エアコンフィルターが無い車も多いですが…。さすが安いエッセだけのことはあります。

 

エッセのエアコンフィルター交換方法

 

エアコンフィルターを交換する際には、グローブボックスを外して作業します。グローブボックスを開けると、フィルターがある場所にアクセス可能です。

 

この白いプラスチック部分が、エアコンフィルターの入る場所です。

 

 

このエッセは、蓋がありませんので、エアコンフィルターが現状ついていない状態です。

 

もし、蓋がない場合は下の画像のように、カッターでカットしてフィルターが入れられるようにしてやるまでです。

 

少し硬いですけど、紙を切るようなカッターでいけますね。

 

 

 

フィルターのサイズが微妙に小さいのは、在庫のフィルターが適合と合っていないためです。(同年式のダイハツ車用に購入したから一緒だと思って入れたら小さかった。)

 

 

そしたら、この中にフィルターを入れてやり蓋をすればOKです。蓋はフィルターとセットになっているものをあるし、単品でもネット購入可能です。

 

 

 

しかし、今回エッセがエアコンフィルター未装着とも知らず、在庫のフィルターに交換しようとしただけなので、そんなものの用意はしておりません。

 

それにエッセだし、フィルターを入れるためにカットした壁をあてがい、車内に置き去りになっていたマスキングテープで蓋をしておきました。

 

 

まとめ

 

エッセのエアコンフィルターを交換する場合は、グローブボックスを開けて作業可能です。

 

もし、蓋がない場合は現状エアコンフィルターが未装着になるので、カッター等でボックスを切り開ける必要があります。

 

正直、カットした部分が綺麗にハマるので、それをはめておけば良いような気もしますが、蓋が欲しい場合は、ネットで購入可能です。

 

 

 

もちろん、ディーラーでも購入可能ですが、ディーラーに行って購入すると時間が大分無駄になるし、蓋だけを購入しにくる客などディーラーからしても迷惑極まりないと思うので大人しくネットで購入することをお勧めします。

 

何かのついでなら話は別ですが…。

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

久しぶりのマニュアル車なので、少しうるさくして乗ろうかなと。 ダイハツのマフラーは、一本丸々交換しないと、音量を変えることが出来ません。そこで、エッセの純正マフラーを加工することにしました。 この記事では[…]

関連記事

先日購入してきた、エッセのクラッチ交換をDIY作業で行いました。 そこでこの記事では、エッセのクラッチ交換についてお話ししてきます。 当然、自宅にリフトはありませんので、ウマとジャッキのみの作業です。[…]

関連記事

先日、エッセのクラッチ交換を行うのに、コペンのクラッチを流用してみました。 かなり多くのユーザーが行なっている有名な流用なのでご存知の方も多いかと思います。 そこでこの記事では、エッセにコペンのクラッチを[…]

関連記事

ようやく重い腰を上げて、エッセに足回りを組み込んでいきます。 とりあえず、軽自動車必須のアクスル交換からやっていきます。 そこで、この記事ではエッセのアクスル交換についてお話ししてきます。 […]

関連記事

先日のクラッチ交換に続き、ミッションオイルの交換を行いました。絶賛筋肉痛です。クラッチ交換した際に、オイルが届かなかったので後日、ミッションオイル単体で...。 [sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

最新情報をチェックしよう!