注目キーワード

【L175S】ムーヴのジャッキアップポイント

先日、L175ムーヴを購入し、腹下チェックをするのにジャッキアップを行いました。

 

そこでこの記事では、L175ムーヴのジャッキアップポイントについてお話ししていきます。

 

合わせて、リジットラック(ウマ)を掛けるポイントについても解説していきます。

 

 

【L175S】ムーヴのジャッキアップポイント

 

L175ムーヴのジャッキアップポイントをフロント、リアの順番にお話ししてきます。

 

  • フロント
  • リア

 

 

 

フロント

 

フロントのジャッキアップポイントは、エンジンの少し奥側、サスペンションメンバーの中心部分のこちらにジャッキを掛けて持ち上げます。

 

丸い鉄板が溶接されており、10センチほど出っ張りが出来ているので確認しやすいと思います。

 

あとは、サスペンションメンバーの両左右にある、この丸い出張り辺りでもジャッキアップ可能です。

 

 

リア

 

リアのジャッキアップポイントは、バンパーのすぐ真裏にある牽引フックでジャッキアップします。

 

くれぐれも、フォーシングにジャッキを掛けないように…。(4WD車はそれでもOK。)

 

 

注意書きのステッカーも貼ってありますが、歪んだり曲がったりする恐れがあるので注意です。

 

あとは、フォーシングを車体を固定ている、付け根部分でもジャッキアップ可能です。指定箇所にはなっていませんが、ここでも問題なく持ち上げります。

 

周りの鉄板にジャッキが干渉する場合は、少しヅラしてジャッキを当てがうことをお勧めします。(鉄板が曲がると、フォーシングがすんなり外せなくなる場合が…。)

 

 

リジットラックを掛ける場所

 

リジットラックを掛ける場所は、サイドのジャッキアップポイント(フレームの切れ欠け)部分に掛けてやるのがスタンダードです。

 

フロントはサスペンションメンバーにも、リジットラックを掛けることが可能です。

 

車体中心寄りにある、メインフレームにもリジットラックを掛けることが可能ですが、場合によっては凹むかも…。

 

もし、そっちにリジットラックを掛けたい場合は、ゆっくりジャッキを下ろし、フレームの様子を伺いながら作業することをお勧めします。

 

まとめ

 

L175ムーヴのジャッキアップポイントは、記事中でお伝えした通りです。

 

ジャッキアップやリジットラックの掛け方については、別の記事で詳しく解説済みです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

関連記事

これから車をいじり始めていくユーザーにとって、ジャッキアップ1つ切り取っても、なかなか大掛かりな仕事になるかと思います。 あの重たい車を持ち上げるわけですから、そりゃそうですよね。 そこでこの記事では、初[…]

関連記事

 ジャッキアップ後にウマを掛けたいんだけど、イマイチどこにウマを掛けて良いのかよく分からない...。 そんな人も少なくありません。 そこでこの記事では、ウマ(リジットラック)を掛ける場所につ[…]

 

それでは。

 

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 ジャッキアップ後にやるべき安全対策を教えて下さい。 ジャッキアップ後に車の下に潜って作業する際には、最悪の事態を想定した安全対策が必要です。 そこでこの記事では、ジャッキアップ[…]

関連記事

長い事愛用している我が家のジャッキ2機をまとめてオイル交換する事にしました。 ジャッキのオイル交換ってどうやるの? そんな人もいらっしゃると思います。そこでこの記事では、油圧ジャッキのオイル交換方法を紹介[…]

関連記事

プラグ交換をしたついでに、ISCVの洗浄を行いました。 作業後、時々発生していたアイドリング不調が大幅に改善し、やった甲斐がありました。 そこでこの記事では、エッセのISCVの洗浄方法についてお話ししてい[…]

関連記事

たまたま入手したので、エッセのリアにスタビライザーを取り付けしました。 そこでこの記事では、エッセのリアにスタビライザーを追加する方法についてお話ししていきます。 ソニカのスタビライザーを購入してくれば、[…]

 

最新情報をチェックしよう!