【モンキー】シフトアップの3センチダウンハンドル取り付け【20ミリカット】

純正ルックのローダウンモンキーによく似合うハンドルと言えばコレ。

 

 

シフトアップさんから販売されている、純正形状の3センチダウンのセパレートハンドル。前々から2号機製作時には、このハンドルを導入すると決めていたので一切の迷い無し。

 

そこでこの記事では、シフトアップの3センチダウンセパレートハンドルの取り付け様子について紹介していきます。(装着画像メインです。)

 

 

シフトアップの3センチダウン取り付け

 

実際に取り付けるとこんな感じです。

 

形状は純正ハンドルと全く同じなので、特別感こそありませんが、純正ルックの8インチモンキーには良く似合うハンドルですね。

 

商品名にもある通り、純正よりも3センチ高さが短くなっているので、ローダウンモンキーに取り付けると、車体のバランスは抜群です。(もうちょっと短くても良いぐらい。)

 

 

昔はブラック仕様があったのですが、今はメッキ仕上げのタイプしか無いみたいです。

 

 

ハンドルの両端をカット

 

8インチのモンキーにこのハンドルを取り付ける場合は、少々車体のサイズに対してハンドルがやや長い…。

 

そのため、ハンドルの両先端を約20ミリカットしてから取り付けています。ここをカットするユーザーは、20〜30ミリの間でカットする人が多いようです。

 

今回、遠慮して20ミリしかカットしませんでしたが、あと10ミリ(トータル30ミリ)カットしても良かったかな…。というのが本音です。

 

ハンドルのカットには、パイプカッターがお勧めです。

 

 

※取り付け後の幅は約55ミリから約51ミリに。

 

おそらくメーカーも少し長めに作っているような気がするので、自分の車両のバランスに合わせて両先端をカットし、短く調整する事をお勧めします。

 

関連記事

先日、バイクのハンドルの長さ調整をするべく、パイプカッターを使用して鉄パイプの切断を行いました。 パイプカッターって聞いたことはあるけど、実際どうやって使うのかよく分からん...。 そこでこの記事では、パ[…]

 

 

ここに関しては、車体とのバランスもありますが、乗り手の体格(身長)によっても左右するので、そこも注意した方が良いと思います。背の大きい人は、ここをカットすると乗りづらくなっちゃうかと…。

 

まとめ

 

 

モンキーに限らず、ダックスやシャリーにも似合いかつ、コスパの良いハンドルですね。

 

純正ルックのローダウン仕様を目指している方にとって、ここまで打って付けなハンドルは無いかもしれません。

 

確かに絞りハンドルも魅力だし、昔はこの手の純正形状のハンドルには見向きもしてきませんでしたが、年を重ねるに連れてだんだん、このハンドルの魅力が分かってきた今日この頃…。

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

先日、VM26のキャブレターとマニホールドはセットで購入していましたが、スロットルは付属しませんでした...。 そこで別途スロットルを用意するべく、モダンワークスさんのハイスロキットを購入。 モダンワーク[…]

関連記事

先日、人生初のスプレーガンを使った塗装(自家塗装)を行いました。 そこでこの記事では、DIYでスプレーガンを使用した塗装をやり方法についてお話ししていきます。 今回使用した塗料と塗料の買い方についても少し[…]

関連記事

現在製作中のモンキー用にマフラーを購入したのですが、車体に取り付けるとすでにマフラーは着地...。 これでは到底走行は出来ません。(走行するかはさておき) そんなこんなで、マフラーを底上げするため、エキパ[…]

関連記事

モンキーのシートを取り付けたのですが、シートのポジションが高くて不恰好...。車高を下げているのにも関わらず、シートの位置が高いとちょっぴり残念なモンキーが出来上がります。 そこでシート位置を下げる加工を行いましたので、こ[…]

関連記事

モンキーの製作にあたり、フロントの車高がノーマル長なのでローダウンしていきます。 そこでこの記事では、モンキーのフロントフォークのバネカット方法についてお話ししてきます。 ダックスやシャリーも同じ要領で作[…]

関連記事

モンキーのフロントローダウンに伴いダストブーツがぺちゃんこに...。 そこでフロントフォークのアウターカットを行います。 以前に、タップを切り足しカットする方法はこちらの記事で紹介済みなので、今回は溶接で[…]

最新情報をチェックしよう!