【モンキー】アダプターを使ってマフラーステーをオフセット

  • 2022年4月20日
  • 2022年4月20日
  • 4mini

先日、マフラーのエキパイを加工したところ、付属のマフラーステーが使い物にならなくなってしまったので、別のマフラーステーを購入したのですが、サスペンションにガッツリ干渉…。

 

そのため、アダプターを使用して、マフラーステーをオフセットさせました。

 

そこでこの記事では、アダプターを使用してマフラーステーをオフセットする方法について詳しく紹介していきます。

 

 

使用するアダプター

 

今回、マフラーステーをオフセットさせるために購入したアダプターはこちら。

 

 

モンキーのサス受けは【M10P1.25】なので、ミラー用の延長アダプターが使用可能です。

 

購入される場合は、M10の正ネジからM10の正ネジになっているタイプを購入するように…。この手のアダプターは、逆ネジ変換タイプが多いのでそこだけ注意です。

 

アダプターを使ってマフラーステーをオフセット

 

アダプターを取り付ける前はこんな感じ。リアサスのボディ(バネ)にマフラーステーがガッツリ干渉していて、ナットが締め込めません。

 

そこで、先ほど紹介したミラーの延長アダプターを取り付けてやると…

 

 

マフラーステーが外側にオフセットされるため、ステーがリアサスを交わす事が可能です。

 

若干オフセット量が足らず、ワッシャーを何枚か重ねています。見栄えば悪いですが、とりあえずこのままでいきます。

 

もしかしたら、アダプターの使用をやめて長ナットに切り替えるかも…。

 

長ナットを使う方法もある

今回は、アダプターを使用してマフラーステーをオフセットさせていますが、長ナット(高ナット)を使用する方法もあります。

 

M10のP1.25の長ナットを車体側に取り付け、マフラーステーをナットでは無くボルトで固定してやれば、長ナットでもマフラーステーのオフセットが可能です。

 

今回の僕みたいに、ガッツリマフラーステーが干渉している場合は、アダプターの使用よりも長ナットの使用が合っているかもしれません。アダプターだと、オフセット量が足りないかも…。

 

ホームセンター等で売っている長ナットは、ネジピッチが細目では無いと思うので、使えません。そこだけ注意です。

 

 

 

 

まとめ

 

もしマフラーステーがリアサスに干渉し、固定出来ないような場合は、ミラー用の延長アダプターを流用するか、長ナットを使用する事でマフラーステーを外に逃がしてやる事が可能です。

 

ミラー用のアダプターを使用される場合は、ネジピッチと正ネジ、逆ネジに注意して下さい。

 

 

ガッツリオフセットさせたい場合は、ミラー用のアダプターよりも長ナットの使用をお勧めします。

 

ミラーの延長アダプターなら20ミリ程度のオフセット量ですが、長ナットを使用すれば30〜50ミリ程度オフセット可能です。最悪、長ナットが長い分には、カットしてしまえばオフセット量の調整が可能です。

 

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

純正ルックのローダウンモンキーによく似合うハンドルと言えばコレ。 SHIFT UP SHIFT UP:シフトアップ 3cm ダウンタイプ セパレートハンドル モンキー HONDA ホンダposted wit[…]

関連記事

モンキー製作にあたり、何のマフラーを取り付けようかかなり迷っていたのですが... オーバーレーシングのレーシングダウンを装着することにしました。 そこでこの記事では、オーバーレーシングのレーシングダウン装[…]

関連記事

現在製作中のモンキー用にマフラーを購入したのですが、車体に取り付けるとすでにマフラーは着地...。 これでは到底走行は出来ません。(走行するかはさておき) そんなこんなで、マフラーを底上げするため、エキパ[…]

関連記事

モンキーのリアサスには定番のOKD製ショックを取り付けていきます。 取り付けにあたって注意点と車高調整についてこの記事で少し、解説していきます。 OKD製アルミボディ荒巻サス250mmメッキモ[…]

関連記事

モンキーのシートを取り付けたのですが、シートのポジションが高くて不恰好...。車高を下げているのにも関わらず、シートの位置が高いとちょっぴり残念なモンキーが出来上がります。 そこでシート位置を下げる加工を行いましたので、こ[…]

最新情報をチェックしよう!