キャンバーボルトと長穴加工どちらがお勧めですか?

 

キャンバーボルトを取り付けるか、取り付け穴を長穴加工するかで迷っています。どちらがオススメですか?

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、キャンバーボルトと長穴加工はどちらがお勧めか?というテーマでお話ししていきます。

 

 

キャンバーボルトと長穴加工どちらがおすすめ?

 

正直なところ、キャンバーボルトと長穴加工にはそれぞれメリット、デメリットがあるので一概は言えないし、人によっても向き不向きがあります。

 

キャンバーボルトを先に取り付け、それで満足のいくキャンバー角を手に入れることが出来ないのであれば、キャンバーボルトを外して、取り付け穴を長穴加工するという選択を取ることが個人的には多いです。

 

 

 

少し手間にはなりますが、キャンバーボルトでキャンバー角の様子を伺いながら、長穴にするか否かを決めるのが確実です。

 

キャンバーボルトを先に試しておけば、後戻りが可能ですが、長穴加工してしまったら後戻りは出来ませんからね…。

 

キャンバーボルトと長穴加工は併用してはダメ?

 

そんな方向けに、こちらの記事を用意しております。

 

関連記事

 キャンバーボルトを使用してしているのですが、キャンバー角をもう少し付けたいので、長穴加工を行いたいのですが、キャンバーボルトと長穴加工は併用しても問題ありませんか? 先日、このような質問を頂きました。&[…]

 

ガッツリキャンバー調整するなら長穴

 

キャンバー角をガッツリ調整したいのであれば、キャンバーボルトからではなく初っ端から、長穴加工することをお勧めします。

 

キャンバーボルトで付けられるキャンバー角はあらかた想定することが可能です。

 

関連記事

 キャンバーボルトの取り付けを検討しているんだけど、キャンバーボルトって何度ぐらいキャンバーが付くかな? このような声はちょこちょこ耳にします。 実際に僕自身の周りでも、[…]

 

このキャンバー調整幅で間に合いそうもないのであれば、キャンバーボルトは購入せず、長穴加工してしまった方が回り道せず済むので効率は良いですね。

 

個人的には長穴加工すると言うよりも、溶接にて穴の位置をズラしてしまうことをお勧めしますが。

 

 

関連記事

ストラット車の場合、あまりキャンバーを付ける方法が無いため、ブラケット加工をやってみようかな!なんて考えている人も多いと思います。 実際に、ブラケットの長穴加工はピロアッパーマウントやキャンバーボルトに比べてキャンバー角を付ける事が可能[…]

 

 

関連記事

 100Vの溶接機を買って、DIYの幅を広げたいんだけど、100Vの溶接機って使えるの?100Vだと、使い物にならないんじゃない? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。 そこでこの記事[…]

 

まとめ

 

現状よりも少しだけキャンバー角が調整出来れば良いと言うのであれば、キャンバーボルトがお勧めだし、ガッツリキャンバー角をつけたいと言うのであれば、キャンバーボルトではなく、長穴加工をお勧めします。

 

ここに関しては、人によっておすすめ出来る選択が変わってしまうので、一概にこっちが良いよ。とお伝え出来ないのが現実です。

 

キャンバーボルトで補えるキャンバー角であれば、迷わずキャンバーボルトの使用をお勧めします。

 

 

 

車重が重たい車もしくは足回りを固めているのでボルトを細くしたくない。そんな理由があるであれば話は別ですが…。

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 金属素材にあけられた穴を長穴(楕円)に加工したいけどこれといった道具があるわけじゃ無いし自分では無理かな... そんな疑問を持つ方も少なくありません。 町工場や工場などであれば、長穴加工の[…]

関連記事

先日、当サイトの読者様よりこんな質問を頂きました。 フロントにキャンバーを付けようと思うのですが、調整式アッパーマウントとキャンバーボルトではどちらから使うべきですか? このような疑問を持たれている方もい[…]

関連記事

車を弄っていると、周りの人より過激なカスタムがしたい!と考える人は少なくありません。 今日は軽自動車に【8j】のホイールは履けるのか?という問題について解決していこうと思います。 先に結論を述べておくと、履けるけど『ハミ出る』 […]

関連記事

いじった事のある方にしか分からないかも知れませんが、ストラット車ってフロントキャンバーが付けにくいんですよね... だからと言ってキャンバーが付かないのか?? 決してそんな事は無いし、実際にキャンバーを付[…]

最新情報をチェックしよう!