調整式アームが緩む原因と対策

 

先日、調整式のアッパーアームを取り付けたのですが、しばらく走行してみて再度調整しようとしていたら、アームが緩んでいました。結構強めに締めたつもりだったのですが…。

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、調整式のアームが緩む原因と対策方法について解説していきます。

 

 

調整式アームが緩む原因

 

調整式アームが緩む原因は、ちゃんとロックナットが締め付けられていないケースが大半です。

 

ロックナットを締め込む際に、ロックナットだけをレンチで回し、ロックナットを固定している人が稀にいますが、それだとターンバックル側がロックナットと一緒に回転してしまい、実はちゃんと締まっていなかった…。という状況になることがあります。

 

過去に一度、友人からアームの固定ナットが緩むから見て欲しいと言われたことがあり、本人にターンバックル側も抑えて締め込んだのか?と聞いたところ、やっぱりロックナットだけで回しておりました。

 

 

画像の矢印部分をレンチで抑え、もう1つのレンチを使用しロックナットを締め込むようにしましょう。この時、ターンバックル側を抑えるレンチは、ロックナットと反対側に力を加えた状態。

 

ターンバックル側をレンチで抑えた状態で、ロックナットを締め込んでおけばそうそうロックナットが緩むことはないはずです。(100パーセントとは良い切りませんが…。)

 

それでも緩む場合の対策方法

 

もしそれで締め込んでも緩む場合は、【ウェーブワッシャー】を購入し、ロックナットとターンバックルの間に入れてみて下さい。

 

ウェーブワッシャーは、ホームセンター等でよく見かけるスプリングワッシャーほどではありませんが、緩み止めの役割を担うワッシャーです。

 

バネ材で出来ているので、締め込んで真っ直ぐの状態になっても元の形状に戻ろうとする力が働きます。仕組みとしては、スプリングワッシャーと何ら違いはありません。

 

 

メーカーによっては、初めからウェーブワッシャーが入っているところもあります。上の画像に写っているスキッドレーシングのアームには初めから入っていますね。ZSSも入っていたような…。

 

 

スプリングワッシャーを入れても良いですが、ターンバックル側はアルミで出来ているケースも多く、スプリングワッシャーだと強過ぎる点と、ターンバックル側が抉れてしまうリスクがあるので、ウェーブワッシャーをお勧めします。

 

それにスプリングワッシーは厚みもあるので、調整幅が減ってしまいます。(人によってはココの影響は出ないかもしれませんが…。)

 

 

まとめ

 

調整式のアームが緩んでしまう場合は、ロックナットを締める際に必ずターンバックル側をレンチで抑えた状態で、ロックナットを締め込むようにして下さい。

 

経験上、この締め方でちゃんと締めておけば、アームのロックナットが緩むことはありません。後考えられる原因があるとすれば、よほどアーム側のネジの精度が悪いか…。

 

もし万が一、それでもロックナットが緩んでしまうようなことがあれば、ウェーブワッシャーを入れて様子を見てみることをお勧めします。

 

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

先日ISFに調整式アームを組み込みしたのですが、キャンバー調整のキャパが足りない...  [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/[…]

関連記事

先日、友人より頼まれていた固着した調整式アームとの格闘を行いました。 ダメ元でも良いから、このアームの固着なんとならないかな?ダメなら諦めるから。 そんなこんなでとりあえず引き受けましたが、今回のアームは[…]

関連記事

 すでに調整式のアッパーアームを取り付けているけど、もう少しだけキャンバーが欲しい... こんな相談を友人から受けまして...。 アッパーアームの逆付けを行いましたので、この記事では逆付けに[…]

関連記事

 これからキャンバーアームを調整してキャンバー調整をしたいけど、調整のやり方が分からない... この記事ではそんな人に向けて、キャンバーアームの調整方法を分かりやすく解説していきます。 キャ[…]

関連記事

 これからキャンバーアームの取り付けをやるんだけど、自分で出来るかちょっと不安... そんなユーザーも少なくありません。 キャンバーアームの取り付け自体、それほど難しい作業ではありません。ポ[…]

最新情報をチェックしよう!