【モンキーやカブ】横型エンジンから異音が出る4つの原因

 

モンキーのエンジンから最近異音が出るようになりました。異音が出る原因には何が考えられると思いますか?

 

先日、このような質問を頂きました。(擬音語を交えての説明を文章で貰いましたが、擬音語は省略してあります。)

 

そこでこの記事では、モンキーやカブ等のホンダ横型エンジンから出る異音の原因について、4つの原因を紹介していきます。全ての方の、エンジン異音の原因に当てはまる保証はありませんが、ありがちな原因ですので参考になれば幸いです。

 

 

【モンキー】横型エンジンから異音が出る4つの原因

 

モンキーを初めとするホンダのミニバイクに採用されているエンジンはタフで有名ではあるものの、当然機械なので故障や異音は付き物です。

 

モンキーのエンジンから異音が出る際、ありがちな原因は以下の通りです。

 

  • タペット音
  • カムチェーンの暴れ
  • ピストンスラップ音
  • クランクシャフト

 

順番に補足を交えながら紹介していきます。

 

タペット音

 

もっとも初めに疑うべきは、タペット音です。ロッカーアームがシリンダーヘッドのバルブを押し込む際に発生するメカノイズ。

 

ここに関しては、タペット調整をすることで異音を簡単に解消することが可能です。

 

自分で調整出来れば、もちろん費用も掛かりません。

 

エンジンを組んでから時間が経つと(走行距離が伸びると)、ロッカーアーム側のアジャスターやバルブスプリング側が摩耗し、クリアランスが広くなっていくことで音が出始めるケースが多いです。

 

まずは、タペット調整のやり直しをお勧めします。

 

関連記事

モンキーの腰上(ボアアップキット)組み込みに伴い、タペット調整を行いました。 そこでこの記事では、モンキーエンジンのタペット調整のやり方について紹介していきます。 [outline] 規[…]

 

 

 

カムチェーンの暴れ

 

次に見るべきはカムチェーンです。カムチェーンのテンショナーが上手く効かなくなったり、カムチェーンが伸びてしまうと、カムチェーンの張りが甘くなり、メカノイズが出始めます。

 

  • カムチェーンの伸び
  • カムチェーンの張りが甘い

 

あまりにもカムチェーンが伸びたり、張れていない状態になると、カムチェーンの遊びが大きくなり、カムチェーンがクランクケースやシリンダーの周りを削ってしまい、音が出ることも…。

 

そこまで行くと、【ガチャガチャ】と明らかに鉄同士が干渉する音が出始めるのですぐに分かると思います。

 

どこにも干渉しなくても、チェーンの張りが甘いとメカノイズが大きくなりがち…。チェーンの振れ幅がその分大きくなりますからね。

 

▪️対策方法

  • カムチェーンの交換
  • プッシュロッドヘッドの交換
  • マニュアル式のテンショナーに変更する

 

関連記事

エンジンをオーバーホールする際に注文してあった部品が、先日片付けをしていたらぽろっと...。 交換するつもりで注文していたのにも関わらず、交換するのを忘れておりました。 そこで、カムチェーンテンショナーの[…]

関連記事

モンキーの排気量を88ccにボアアップしたところ、どうもカムチェーンの音が気になる...。 そこでカムチェーンテンショナーをマニュアル化し、カムチェーンの張り具合を調整することにしました。 こ[…]

 

 

 

 

 

ボアアップし、排気量を上げているエンジンであれば、カムチェーンテンショナーをマニュアル式に変更することで、カムチェーンの張り具合を調整することが出来るので、異音を食い止めることが出来る場合があります。

 

オート式のテンショナーは勝手に調整してくれて便利ですが、あくまでも50cc用に設計されているものなので、パワーの出方やエンジンの回転数次第は対応しきれないケースも…。

 

先日、オート式からマニュアル式に変更したことで、カムチェーンからのメカノイズをかなり静かにすることが出来ました。

 

 

関連記事

モンキーの排気量を88ccにボアアップしたところ、どうもカムチェーンの音が気になる...。 そこでカムチェーンテンショナーをマニュアル化し、カムチェーンの張り具合を調整することにしました。 こ[…]

 

 

ピストンスラップ音

 

次にピストンから異音が出るケースです。

 

ピストンが上下運動をする中で、移動方向を変える際にピストンが首を振り、ピストンのスカート部分がシリンダー内に干渉することで発生する音です。

 

ピストンピンが刺さるコンロッド部分にガタが出来たりすると、このような音が発生するケースがあります。

 

  • コンロッド側の摩耗
  • ピストンピン側の摩耗

 

また、ボアアップキットによっては、新品を組み込んでもピストンが首を振り、スラップ音が発生することも…。有名どころだと、シ○ト○ップさんのボアアップキットがまさに…。

 

僕自身も使用したことがあるし、周りで使用している方に話を聞いても通じるぐらい。あれに関しては、ピストンが悪くピストンを他社品に交換すると音が消えます…。笑

 

これは少し例外なケースなので、あまり参考にならないと思いますが…。

 

クランクシャフト

 

最後にクランクシャフトがダメになって異音が出るケースです。これには大きく分けて2つの原因が考えれます。

 

  • クランクベアリング
  • コンロッドのガタ

 

クランクシャフトから異音が出る場合は、この2つのどちらかに原因がある場合が多いです。クランクベアリングが駄目になれば、回転に合わせてクランクベアリングが音を上げ、コンロッドにガタが生まれれば、ピストンが暴れて異音が出ます。

 

先ほど紹介したピストンのフラップ音に通じるところでもあります。

 

ピストンを外し、コンロッドを左右に揺さぶってみて横に振れるようなら、クランクシャフトを交換するしかないと思います。規定値においても、全くガタが無い訳ではありませんが、明らかに振れるほど大きなクリアランスではありませんので、振れる時点でアウトです。

 

 

まとめ

 

モンキーを初めとするホンダの横型エンジンにありがちな異音の原因を4つ紹介しました。

 

  • タペット音
  • カムチェーンの暴れ
  • ピストンのフラップ音
  • クランクシャフト

 

この記事に辿り着いた方のエンジン全ての原因がこの中にあるとは限りませんが、1つの参考になれば幸いです。

 

異音に関しては、言葉や文脈からでは根本解決に至らないケースが大半なので、自分でエンジンを開けて原因を探すか、お近くのバイク屋さんに修理の依頼をすることをお勧めします。

 

それでは。

 

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

モンキーの排気量を88ccにボアアップしたところ、どうもカムチェーンの音が気になる...。 そこでカムチェーンテンショナーをマニュアル化し、カムチェーンの張り具合を調整することにしました。 こ[…]

関連記事

バイク乗りであれば、誰しも一度は耳にしたことがある、スーパーゾイルの添加剤。どうやらヤバい添加剤があるらしいってね。 存在は知ってはいたものの、実際に入れたことは無かったので、気になり購入。先日、組み上げたばかりのエンジン[…]

関連記事

ボアアップキットの組み込み時やオーバーホール時など、エンジンの腰上をバラした際には必ずバルブタイミングの調整が必要になってきます。 先日、モンキーのエンジンにボアアップキットの組み込みを行いました。 そこ[…]

関連記事

モンキーのエンジンオーバーホールに伴い、エンジンの腰上を分解しました。 そこでこの記事では、モンキーエンジンの腰上分解方法について、画像付きで解説していきます。 エンジンをオーバーホールする方や、ボアアッ[…]

関連記事

モンキーエンジンのオーバーホールをするため、エンジンを全バラし、各部の清掃と部品交換を行い組み付けを行いました。 そこでこの記事では、モンキーエンジンの腰下の組み付け方法を画像付きで解説していきます。 初[…]

最新情報をチェックしよう!