画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ピロアッパーマウントでキャンバーを付ける最大のメリット

【スポンサーリンク】

 

f:id:yuichan53world:20190530225848j:image

キャンバー角を付けるアイテムで有名な調整機能付きのピロアッパーマウントですが、初めから付いている車高調もあれば調整出来ないものも存在します。正直ピロアッパーマウントが無くてもキャンバー角を付ける事は可能です。

 

しかし、ピロアッパーマウントによってキャンバー角を付ける事には最大のメリットが存在します。この記事ではその最大のメリットについてお話していきます。結論から先にお伝えしておくと少しでも『太いホイールが履ける!』という事です。

 

ここでお話する内容は、ストラット式サスペンションにおけるピロアッパーマウントのお話です。

 

 

ピロアッパーマウントとは?

車高調によく取り付けられるピロアッパーマウントとは本来サスペンションのアッパーマウントはゴムブッシュで支えられているところ、『ピロボール』が採用されているアッパーマウントの事です。

 

本来ゴムブッシュという事は脚の動きに制限や抵抗があるのに比べて、ピロボールを採用している事で脚がより自由に稼働し、動きをスムーズにしてくれます。しかし、その一方でゴムブッシュとピロボールで路面からの衝撃の吸収性が大きく変化します。ゴムブッシュだったら吸収出来ていたショックがピロボールに変えた事でダイレクトに衝撃が来てしまい乗り心地の悪化も微々たるものですが感じる場合があります。

 

ピロアッパーマウントの最大のメリット

いよいよ本題に入ります!意外と知られていませんがピロアッパーマウントによってキャンバーを付ける事でより太いホイールを履く事が出来ます。当然限界はありますし、微々たるものですが少しでもタイヤハウスを有効活用する事が出来ます。

 

フロントキャンバーを付けようとした際に方法としては2通り存在します。

 

  • 1つ目はアッパーマウント側
  • 2つ目はナックル側

 

アッパーマウント側というのが調整式ピロアッパーマウントを用いてキャンバーを付ける方法です。そしてもう一つが『キャンバーボルトやブラケット加工』と言ったナックル側で寝かせる方法になります。これって実は別々の方法で同じだけキャンバー角を付けたとしても履ける限界のホイールサイズには多少の差が生まれます。

 

ナックル側でキャンバーを付ける場合、ナックルを車高調に近付ける形になります。そのためホイールの内側と車高調のクリアランスは狭くなります。その反面ピロアッパーマウントでキャンバーを付ける際は、車高調ごとタイヤハウスの内側に入り込むため車高調とホイールの内側の距離関係は変わらずにタイヤハウスをいっぱいまで使い切る事が可能になります!

 

f:id:yuichan53world:20190530230532j:image

 

例えばホイールが5ミリ出てしまったのでキャンバーを付けて『ツライチにしたい!!』そんな時内側のホイールと車高調のクリアランスが写真のようにほとんど無かったらどうでしょうか??キャンバーボルトやブラケット加工でキャンバーを寝かしてしまうと車高調とホイールが当たってしまうためスペーサーを入れざる終えませんね。それでは本末転倒...

 

しかし、この場面でピロアッパーマウントでキャンバーを付けてやると、車高調自体が内側に入り込むためホイールと車高調のクリアランスは変わらずキャンバー角を付ける事が出来るので結果ホイールをツライチにする事が出来ますよね?

 

あくまで例え話ですがピロアッパーマウントでキャンバーを付けるメリットはお分かり頂けたのではないでしょうか??

 

まとめ

いかがでしたか?キャンバー角の付け方は1つではありません。どんな方法でキャンバー角を付けるのも皆様の自由です。どんな目的でキャンバー角を付けるのか?現状のホイールや車高調のクリアランスはどうか?そんな所に目をやりキャンバー角の付け方を考えてみるのがいいですね!!

 

 

関連記事はコチラ!!

freedom88.hatenablog.com