画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

大型連休明けが辛い人に読んでもらいたい。仕事に行きたく無くなるあなたへ

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190812122610j:image

僕自身社会人初めてのゴールデンウィーク明けに『仕事に行きたく無い衝動』に物凄く狩られた経験からどうすればそれを回避出来るのかな〜?なんて事を色々考えたんですよね!!

 

だって年間3回ある『GW・お盆休み・正月休み』の度にこんな気持ちになるのは嫌ですからね...

 

今では大型連休明けの仕事に行きたく無い衝動がだいぶ和らぎ、完全に!!とは言いませんけど暖和され大分楽になりました!!

 

酷い人だと土日明けの『月曜日』ですら会社に行くのが嫌になってしまうほど...大型連休ともなればこのような悩みを抱えてらっしゃる方も多いはず。そこで僕が大型連休明けの怠さを解消するために実践した内容を全てお話していこうと思います!

 

 

連休明けが辛くなる理由

大型連休に入ると多くの人は、普段の生活リズムが大幅に崩れるケースがほとんどだと思います。例えば...

 

  • 起床時間
  • 就寝時間
  • 家から出なくなる
  • 毎日自分の好きな事をする

 

ここに挙げた事が全てはありませんが、普段の生活リズムを崩して全く別の生活を送っていたら、連休明けが辛くなるのは当たり前ですよね!普段ならば会社の時間に合わせる(自分の意思では無い)のに連休中は『自分のための時間で全ての行動が決まる』訳ですからね!人に合わせたり、自分のタイミングでは無い動きから解放されてしまった期間が長ければ長いほど連休前の生活リズムに戻すのが億劫になってしまいます。これが大型連休明けに会社に行くのが嫌になってしまう大きな原因に繋がります。

 

連休明けが辛くならない3つの方法

日課を継続する

大型連休だからと言って普段当たり前にやっていた事を一時中断してしまう人は少なくありません。連休中ぐらいは『やらなくてもいいや。』そんな風に思ってしまう...そんな心当たりはありませんか?

 

何かを継続し続けるという事は大変な事です。しかし、それを連休に入った途端に辞めてしまうと普段の生活リズムは大きく崩れてしまいます。何かを『継続』するという言葉が使われるモノって『面倒くさい・やりたくない日がある』そんな衝動に駆られる事があるものだと思います。

 

良い例が『ダイエット・筋トレ』です。自分の目標があって結果を出すために継続している事ですが、続ける事は大変だし我慢する事もありますね。せっかく普段継続出来ていても連休中にそれをストップしてしまうという事は、継続が終わってしまうだけでは無く大きく普段の生活リズムを壊してしまう原因になります。

 

仕事開始前に生活リズムを戻す

大型連休を満喫したいと考える人が大半で、連休最終日まで存分に楽しむんだ!!そう考えている人も少なく無いと思います。しかし、これだといざ連休明けに仕事に行こうとしても行きたく無くなるのは当たり前の事です。だって前日まで自分の好きなように、好きな事だけをやっていた『最高に楽しい日』からいきなり仕事に気持ちをシフトするなんて不可能に近いと思います。

 

そこで連休最終日まで、好き勝手やるのでは無く、仕事が始まる2.3日前から最低でもこの2つは改善しておくと楽になります。

 

  • 就寝時間
  • 起床時間

 

もっと言うと普段の会社に行く時と同じように同じ時間で何処かに出掛けることが出来るのであればもっと効果的です。朝早い時間にから行く所なんて限られてしまうかもしれませんがもし、何かする事があるのであればおすすめです。

 

誰かのために動く日を設ける

普段の日常では、会社のために決められた時間で行動する方がほとんどです。しかし、連休に入ると大半の方は『自分の為』に自分の時間で行動するケースが大半です。

 

何か縛りから解放された連休中をひたすら過ごしてしまうとまた拘束された時間で動くのが嫌になってしまいます。そこで連休中でも自分のためでは無く、『家族・友達・恋人』などのために1日でもいいので動く日を設けてみて下さい。

 

それだけでも連休明けに大きな違いが現れると思います。

 

まとめ

連休明けが辛くなるのは誰しもが『絶対になるもの』そんな風に考えていましたが、改善策があると言う事を身を持って体感したからこそこのようなお話をしてみました。

 

人それぞれ感じ方が違うため、僕と同じで事をしたからといって連休明けの辛さが僕同様に解消される保証はありませんが、何か取り組む事で自分に合った解消方法が見つかるはずです。連休の度にあの辛い想いをするのは嫌ですからね!

 

大型連休は幾度と無くやってくるものなので、自分に合った解消方法を見つける事で連休明けが辛くならないで済みますよ!!