画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

車高調の乗り心地を改善するための3つのポイント!ちょっとしたことで良くも悪くもなる。

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190828215446j:image

車高調を取り付けたけど乗り心地が悪い...やっぱり外したいまた、購入した中古車に車高調が入っていて乗り心地が悪いから外したい...そのような方が僕の周りには多い...

 

『車高調』=『乗り心地が悪い』

 

このようなイメージがどうやら強いみたい...しかし、適切に取り付けられていればそこまで気になるほど車高調を取り付けた事で乗り心地がそこまで悪化するケースは稀です。

 

僕自身これだけは皆様にお伝えしたい。『車高調はちょっとしたことで乗り心地が良くも悪くもなる』という事です。そこで車高調の乗り心地が悪くならないために気を付ける3つのポイントについてお話します。

 

こんな方に向けた記事を書いていきます!

  • 車高調の乗り心地を不快に思っている方
  • これから車高調を取り付けようとしている方
  • 乗り心地を改善したいと思っている方

 

 

車高調の乗り心地が悪くなる原因

  1. 減衰調整が合っていない
  2. ストローク量が足りない(底付き)
  3. 車高調が抜けている

 

大きな原因はこの3つになります。3つ目のショックアブソーバーが抜けている場合に関しては残念ながら車高調を交換するしかありません。ショックアブソーバーが抜けている場合はダンパーの役割をしないためどうすることも出来ません...

 

しかし、それ以外に原因がある場合は乗り心地改善の余地がありますのでこのままこの記事を読み進めて貰えたらと思います。

 

乗り心地改善に必要な3つのポイント

減衰調整の見直し

f:id:yuichan53world:20190828213946j:image

よくありがちなのがこの減衰調整による、乗り心地悪化です。訳も分からずとりあえず減衰調整はMAXに!なんて方もいらっしゃいます。中にはストロークを抑えるため!なんて声も耳にしますが、そもそも減衰調整ではストローク制御は出来ません。

 

減衰調整は段差でバネが縮みます。当然バネは縮むとすぐさま元の長さに戻ろうとする力が働きます。また戻る力が強すぎる場合、再びバネは縮む方向に動きます!

 

これを制御するのがショックアブソーバーの役割で、減衰調整はこのショックアブソーバーの戻るスピードを調整してくれます!

 

つまり、バネレートに合わせた減衰調整をしてあげないとバネの動きとショックアブソーバーの動きが合わず足回りの挙動はおかしくなってしまいます。これが乗り心地が悪化する原因です。

 

もしも車高調のバネを変えていない、もしくは純正(販売時のレート)レートに違いバネを使っているのであれば一旦減衰調整は1番柔らかくしてみて下さい。これだけで乗り心地は改善されます。

 

バネレートの選択

f:id:yuichan53world:20190828214217j:image

バネレートをやたらめったら高いものに交換してしまうと、乗り心地の悪化は防ぐ事が出来ません。しかし、これだけは勘違いしてはいけません。

 

  • バネレートが高いから乗り心地が悪い
  • バネレートが低いから乗り心地が良い

 

決してそういう訳ではないという事は頭に入れておきましょう!!乗り心地はバネレートよりもショックアブソーバーの減衰力との相性によって決まります。

 

市販化されている車高調なんかだとバネレートは(3〜6キロ)程度のものが主流です。車高調のメーカー側もバネレートに合わせたショックアブソーバーを考えて作っているため、このバネレートに合わせた減衰力のショックアブソーバーを使っています。

 

そのため、元々のバネレートから大幅にレートアップしてしまった場合、ショックアブソーバーのキャパが追いつかず、ハイレートなバネの伸びる力を抑える事が出来ず、乗り心地が悪くなります。

 

バネレートを上げる際は、純正のバネレートを考慮した上で選定してあげましょう!どうしてもハイレートを使って乗り心地を維持したいのであればハイレートに対応する減衰力を持ち合わせたショックを組み合わせる事で乗り心地を損なわず、ハイレートバネを使いこなす事が可能です!

 

余談になりますが、ハイレートバネに対応する減衰力が高いショックアブソーバーに低レートバネを組み合わせた場合も同じような理由から乗り心地は悪化します。

 

www.send-freedom.com

 

ストローク

f:id:yuichan53world:20190828214400j:image

車高を下げていくとどうしても起こりうるのが『ストローク量』の低下です。これは車高の下げ方だけではなく、車の構造上どうしてもストロークが確保出来なくなってしまうケースもあります。

 

  • バネを遊ばせている
  • 軽自動車のリア

 

この2つが特にストローク量が充分に確保出来ず、乗り心地が悪化してしまう代表パターンです。

 

バネを遊ばせてしまうと、本来なら確保出来ているはずのストローク量が無くなり、ショックアブソーバーが底付きしてしまい段差の衝撃を吸収しきれなくなってしまいます。例えば...

 

ショックのストローク量10センチのショックアブソーバーがあったとします。このショックアブソーバーに車の荷重を掛けると5センチ沈みます。バネが遊んでいなければ5センチのストロークが確保出来ていますよね?

 

この状態から3センチバネを遊ばせて車高を下げた場合はどうなるでしょうか?

 

(5センチ)−(3センチ)=(2センチ)

 

このような計算になり、ストローク量は経ったの2センチになってしまいます。これでは車が段差を乗り越えてショックアブソーバーが縮んでしまったら底付きしてしまいますよね?これでは乗り心地が悪化するのは当然です。

 

その他にも、軽自動車の構造上リア側のストローク量が充分に確保出来ません...これは軽自動車に限った事ではなく、リアが『トーションビーム(アクスル)』式サスペンションを採用している国産コンパクトにも起こりうる問題です。

 

f:id:yuichan53world:20190828213208j:image

 

写真のようにバネが車体とアクスルに挟まれる形で配置されているため、元々のストローク量が少ない事が原因で乗り心地が悪化してしまいます。この場合はバンプラバーをカットし、ストローク量を確保するか車高を上げるしかありません...それでも車高は下げたい!!というのであれば『アクスル加工』をお勧めします。

 

www.send-freedom.com

 

まとめ

車高調の乗り心地が悪い!と感じたら...

 

  • 減衰調整の確認
  • バネレートの見直し
  • ストローク量の確保

 

この3つのポイントを抑えて、乗り心地の改善を目指しましょう!!

 

 

関連記事はこちら!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com