画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

車高調から異音がしたらまず始めにチェックするべき4のポイント

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190915155316j:image

車高調の取り付けに伴い、『異音』に悩まさせる方は少なくありません。車高調は純正ショックと比べ、固定しないといけない箇所(調整箇所)が複数あるため、取り付けミスによる異音発生も決して珍しいものではありません。

 

異音が発生しても焦る必要はありません。1つずつ原因になりうる箇所をしらみ潰しにチェックしていけば異音箇所の特定と対策に繋がります。とは言うものの全く見当が付かないという人も...

 

そこでこの記事では、車高調から異音が出たらまず始めにチェックするべき4つのポイントについてお話していきます。

 

■異音の内容

  • 『ゴトゴト』
  • 『コトコト』
  • 『コンコン』
  • 『ゴンゴン』など

 

 

チェックすべき4つのポイント

ストラットタワーの取り付け

車高調と車体を固定するコチラのナットです。

 

f:id:yuichan53world:20190915161730j:image

 

軽自動車は2本、普通車は3本で固定されているのが一般的になります。ここのナットが緩んでいると路面からの衝撃を受けた際に、車高調とストラットタワー(車体)との隙間が開いてしまう為、異音が出るケースが多いです。

 

適切に取り付けられていれば、ストラットタワーと車高調のアッパーマウント部分は常に接地していますが、ナットが緩んでしまっている事で、ここにガタがあればストラットタワー側に大きな負荷を掛けてしまうことになり、ストラットタワーが変形してしまったり、最悪の場合ストラットタワーが崩壊してしまう(車高調が突き抜ける)ケースも稀にあります。

 

ここはボンネットを開けるだけで簡単に確認できるポイントなのですぐに確認してみて下さいね!!

 

車高調のトップナット

f:id:yuichan53world:20190915161742j:image

車高調のトップナットは車高調の天辺に取り付けられているM12〜M14程度の少し大きめのナットです、コチラのナットではショックアブソーバーとアッパーマウントを固定している大切なナットになります。ここは強めのトルクによって閉められている為、通常は緩むことはほぼ無いと言っても過言ではありません。

 

主に車高調のバネを変更する場合に緩める場所です。もし、異音が発生する前にバネの交換などを行なっているのであれば、ちゃんと締まっていなかったケースも考えられます。

 

ここのナットは普通に閉めようとしても、車高調のシャフト(ネジ山がある場所)が供回りしてしまう為上手く閉められません。

 

f:id:yuichan53world:20190915161811j:image

 

ここを締める際は、インパクレンチを使って締め込むか、写真のようにシャフトにヘキサゴンレンチが掛けられますので、ヘキサゴンレンチとスパナやメガネレンチの両方を駆使して締め込みます。

 

ナックル固定部

車高調とナックルを固定しているボルトが緩んでいると異音の原因に繋がります。ここが緩んでしまっているとタイヤに直結しているナックルが走行中に遊んでしますため、異音が出るだけではなく、ステアリング操作にも大きな影響を与えかねません。

 

f:id:yuichan53world:20190915155506j:image

 

特にキャンバーボルトを取り付けている方なら尚更、ボルトの緩み時に大きな異音が発生する場合があります。(車高調とナックルの隙間が大きい為)

 

www.send-freedom.com

 

セダン車によく見られるダブルウィッシュボーン式の足回りの場合は、車高調がナックルに取り付けられているわけではありません。この場合はロアアームに車高調が固定さていますので、そちらのボルトを確認してみて下さい。M14ぐらいのボルトが1本で固定されていると思います。

 

ロックシート

車高調のロアブラケットを固定しているロックシートが緩んでいると段差を越える際などに異音が発生する場合があります。車高調のカートリッジ部分に作られたネジ山にロアブラケットが入り込み、ロックシートによって固定されています。

 

f:id:yuichan53world:20190915155533j:image

 

ロックシートが緩んでしまっている場合、カートリッジとロアブラケットにガタがある為異音が発生します。

 

特に、FF車のストラットサスペンションの場合、ハンドルを切るたびに車高調が合わせて回転する為緩みやすかったりします。これは筆者の感覚的問題かもしれませんが、ロックシートが緩んでしまったことがある車は全てFF車のフロント車高調です。

 

その他の原因

ショックの底付き

ショックアブソーバーには沈み込める限界があります。バネを遊ばせていたり、あまりにも低いバネレート(標準以下)を使っていると、大きな段差を越える瞬間や、速度が出ている高速道路を走行中などにショックアブソーバーが底付きしてしまい、異音が出ることがあります。

 

底付き防止のために、車高調にはバンプストップと言うゴムブッシュが取り付けられている為完全なる底付きをするケースはほとんどありませんが、それでも車高調が壊れる原因になります(オイルやガス漏れ)。

 

もし、バンプラバーが長い場合は少しカットする手段もあります。少しの底付きであればこれだけで異音解消する場合が多いです。それでもダメならバネレートを上げるか、バネの遊びを無くしましょう!!

 

ヘルパースプリングを上手に活用する方法もあります。

 

www.send-freedom.com

 

ドラシャの干渉

車種によっては車高を下げたことでドライブシャフトとフレームが干渉してしまい、異音が発生する場合があります。

 

金属と金属がぶつかり合って発生する異音になりますので、少し重たい音が発生することが多いです。車種や干渉の仕方によっても異なりますが『ゴンゴン』『コンコン』といった異音が多いです。

 

ドライブシャフトとフレームの干渉に関する内容はコチラの記事で詳しくお話ししています。

 

www.send-freedom.com

 

ハンドルを切る際

先ほども少し話をしましたがFF車のフロントは、ステアリング操作に伴う、車高調の動きがあります。これによってステアリングを切った時に異音が出る場合も多いです。ハンドル操作に直結する異音の原因については別の記事でお話ししていますのでコチラを詳しく読んでみて下さい。

 

www.send-freedom.com

 

 

まとめ

車高調からの異音に悩ませれたら以下の順番でハジから原因解明していくのがいいと思います。

 

  1. ストラットタワーの取り付け
  2. 車高調のトップナット
  3. 車高調のロアブラケット取り付け
  4. ロックシートの確認 

 

多くの異音は、本来ならしっかり締まっているものが緩んでしまい、ガタが生まれていることによって発生するものが多いと言うことを頭に入れておきましょう!!

 

それでも異音が解消されない場合は、ショックアブソーバーの底付きや、どこかストロークによって干渉箇所があるかもしれません。

 

タイヤを外して干渉箇所を探ってみて下さい。それでは!!

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com