ネジ式車高調のメリットとデメリットについて

車高調には種類があります。種類によって使い勝手や車高調整のやり方が変わってきます。

 

詳しくはコチラの記事で車高調の種類について解説しています。

 

関連記事

車高調には種類がある事をご存知でしょうか??大きく分けて2種類に分ける事が出来ます。 これから車高調を購入するよ!!と言う方には知っておいて貰いたい情報です。車高調は決して安い部品ではありませんので失敗しないようにも頭に入れておきましょ[…]

 

これから車高調の購入を検討しているけど、【ネジ式】の車高調ってどうなんだろう?

 

こんな疑問を持つ方は少なくありません。そこでこの記事ではネジ式の車高調を取り付けるメリットとデメリットについて解説していきます。

 

これからネジ式の車高調を購入しようとしている方は参考にしてみてください。

 

 

ネジ式車高調のメリット

  • 価格が安い
  • 車高調整がラク
  • 固着のリクスが減る

 

大きく分けてネジ式の車高調にはこの3つのメリットが挙げられます。

 

1つずつ順番に解説していきます。

 

価格が安い

ネジ式の車高調に目を付ける方の中には【商品価格】をみている方がいらっしゃるかもしれません。

 

フルタップ式の車高調と比べると、金額設定が遥かに安く行われているネジ式車高調が多いですよね。

 

これはネジ式車高調のメリットです。

 

フルタップ式とは異なり、サスペンションそのものの長さ調節が出来ない(構造がシンプル・部品点数が少ない)ため価格帯が安く設定されています。

 

 

車高調整がラク

フルタップ式の車高調とは違い、ネジ式車高調の場合スプリングの位置を変えて車高を下げたり上げたり調整します。

 

車の構造によっては、車高調整の度に車高調の片側(下側)を外したりしないと調整が出来なかったり、やり難かったりする場面も…

 

これはサスペンションそのモノの長さが変わる為です。

 

ネジ式車高調の場合は、このような事が起こりません。

 

車高調の長さ自体は変わらず、スプリングシートの位置を変更するだけで車高が下がる仕組みだからです。

 

車高調整が面倒だな〜。

 

そんな風に感じる方であれば、ネジ式車高調の調整方法はメリットになると思います。

 

固着のリクスが減る

 

ネジ式車高調の場合、可動する部分が【スプリングシートとロックシート】この2つだけです。

 

そのため、車高調にありがちな【固着】に悩ませれるリスクを大幅に減らす事が出来ます。

 

関連記事

折角車高調を取り付けていても、車高調のメンテナスを怠ってしまったり、車高調整前に手を加えてから調整をしないと調整ができなくなってしまうことは珍しくありません。 とは言うものの既に車高調が固着してしまってお困りの方に向けて固[…]

 

フルタップ式の車高調はブラケットを回してショックの長さを変更しますが、スプリングシートやロックシートと比べて【ネジ】の面積が大きい事もあり、固着してしまう場合が良くあります。

 

固着に悩ませたく無い…。また過去に固着で嫌な思い出がある。

 

そんな方にはおすすめ出来るポイントの1つになりますね。

 

ネジ式車高調のデメリット

  • 下げ過ぎると底付きする
  • 下げると乗り心地の悪化に繋がる
  • 売る時の金額が安い

 

メリットの反面、当然デメリットもあります。

 

こちらもメリットの時同様に解説していきます。

 

下げ過ぎると底付きする

 

ネジ式車高調は、ショックアブソーバーの【ストローク量】を犠牲にして車高を下げる仕組みです。

 

言ってしまえば、サスペンションのスプリングをカットして車高を下げるのと全く同じなのです。

 

もちろん、スプリングシートの位置を元に戻せば元通りになりますけどね。

 

そんな理由から、車高を下げれば下げただけ、ストローク量が少なくなり、車高調が底付きを引き起こします。

 

車高調の底付きって何?

 

そんな方はコチラの記事で車高調の底付きについて解説していますのでご確認下さい。

 

関連記事

車高調が『底付き』をしていて不快な乗り心地んい不満を抱えるユーザーは少なくありません。 また車の持ち主だけではなく、普段横や後ろに乗るパートナーにも不快な乗り心地は色々な面でよろしくありませんね... そこでズバリ!車高調の底付きを[…]

 

下げると乗り心地の悪化に繋がる

先ほどお伝えした、【底付き】と非常に関連性が高い内容ですが…

 

ネジ式車高調は下げると乗り心地が著しく悪化します。

 

これには2つの原因があります。

  • バネが遊ぶ
  • 底付きする

 

これらは、ネジ式の車高調で車高を下げ過ぎた場合に起こる現象です。

 

バネの遊びについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

関連記事

車高調のバネが遊ぶって言葉をよく耳にしますが、あれってどう言う状態の事を意味しているの?そんな疑問を抱く人も多いようです。 この記事では【車高調のバネが遊んでいる状態】について以下の観点から説明していきます。&nb[…]

 

売る時の金額が安い

 

ネジ式車高調は購入時に安く買える事がメリットだ!とお伝えしましたが、これは売る時の値段にも大きく響きます。

 

安く買ったから、売る時も安いのは当然でしょ?

 

そう捉える事も出来ますが、僕がこれをデメリットに上げるのにはしっかりとした理由があります。

 

これは、フルタップ式の車高調を新品購入し、中古の状態で売却した場合と、ネジ式車高調のリセールバリューを比較した際に分かります。

 

車高調を購入する人の多くはフルタップ式を好みます。

 

フルタップ式の方が人気がある為です。

 

そのため、中古品として出回ってきたネジ式の車高調に値段が付きづらいのです。

 

1度付けたら手放すことはない!という方にとってみればデメリットに値しないかもしれませんが、もしかしたら!という方はこの辺も頭に入れて置きましょう。

関連記事

車高調を付けたけどやっぱりいらない、車を買ったら車高調が付いていたけどいらない... 理由は様々ですが、車高調を手放したいけど、どうやって売れば良いの?という悩みを抱える方が多いようですね。 そんな事もあり、友人から車高調を売りたい[…]

 

ネジ式の車高調が向いている人

正直なところ、ネジ式の車高調はフルタップ式の車高調と比べてると【不人気】です。

 

これは僕自身の見解では無く、多くの人が同じ事を言うと思います。

 

じゃ〜ネジ式の車高調はダメなの?

 

ダメか?と言われたらそうとは限りません。これは向き不向きがあるという事です。

 

▪️ネジ式車高調が向いている人

  • サスペンションのリフレッシュ
  • 車高はそんなに下げない

 

こんなら風に考えているユーザーは、ネジ式の車高調でもストレス無く使いこなせます。

 

この反面、車高調を入れるからには車高をベタベタに下げたい!とか思っている方はネジ式車高調は向きません。

 

関連記事

『車高調』って車弄りにおいて欠かせない部品の1つ!と考える人も多いでしょう。 車高調って色々なメーカーがあるし、金額も安くはありません。だからこそどこのメーカーがいいんだろう? そんな悩みをよく耳にします[…]

 

 

まとめ

この記事の内容をまとめると…

 

▪️ネジ式車高調のメリット

  • 価格が安い
  • 車高調整がラク
  • 固着のリクスが減る

 

▪️ネジ式車高調のデメリット

  • 下げ過ぎると底付きする
  • 下げると乗り心地の悪化に繋がる
  • 売る時の金額が安い

 

車高調を購入する前にメリットとデメリットはしっかり頭に入れて置きましょう。

 

純正サスペンションがヘタってきたからそろそろリフレッシュがてら車高調を入れようかな〜。少しだけ車高を下げようかな〜。

 

こんな風に考えている方ならネジ式車高調はおすすめです。

 

わざわざ高いお金を払ってフルタップ式の車高調を購入する必要は無いですね。

 

それでは。

 

 

最新情報をチェックしよう!