【ISF】フロントアッパーアームとナックル交換

先日、友人のISFに足回りを1式組み込みました。

 

そこでこの記事では、ISFのフロントアッパーアームとナックル交換についてかる〜くお話ししていきます。

 

交換に必要な工具についてもお話しします。

 

作業方法だけを正確に知りたい!

 

この記事では作業内容に関しては、必要最低限しか触れません。その為、そんなユーザーはコチラをご覧下さい。

 

関連記事

IS250(GSE20)のフロントナックルを短縮ナックルに交換しました。 基本的に、クラウンも全く同じ作業内容です。どういうか同年式のトヨタセダンは基本同じです。 この記事では、IS250/18クラウンの[…]

関連記事

レクサスのIS250(GSE20)のフロントアッパーアームを純正から調整式に交換しました。 フロントアッパーアームの交換方法を作業手順から使用工具まで分かりやすく解説していきます。 18.20クラウン、マ[…]

 

 

交換に使う工具

  • スピンナーハンドル
  • ラチェット
  • ソケット(17、19ミリ)
  • メガネレンチ(14、17、19ミリ)
  • ギアプーラー

 

ざっと交換に必要な工具は、上記の通りです。

 

ギアプーラーはアッパーアームのボールジョイントを外す際に必要です。

 

強いて言うなら、14ミリのレンチはストレートのロングがオススメです。アッパーアームの付け根のボルトに使うのですが、スペースが狭くてストレートじゃ無いと作業しづらいです。

 

 

 

 

アッパーアームの交換

 

今回、取り付けたのはオリジンというメーカーのアッパーアームです。

 

 

ISFの足回りも18、20クラウンやIS辺りと全く同じ部品が使えます。

 

察しの良い方はお気付きかも分かりませんが、このアッパーアームはチェイサー用です。

 

詳しくはこちらで解説しています。

 

関連記事

先日購入して来た、IS250(GSE20)に一通り足回りを組み込みひと段落した次第でございます。 今回、フロントのアッパーアームに定番流用で知られる、100系チェイサー用を流用して分かった事が3つありますのでそちらについて[…]

 

これまた、少々余談ですがチェイサー用のアッパーアームを使いこなすには、ピロアッパーマウントの併用が必要になってくるケースが多いです。

 

 

関連記事

先日、ISFのフロント車高調に調整式ピロアッパーマウントの取り付けを行いました。 調整式ピロアッパーマウントを取り付ける目的については、こちらで解説済みです。 [sitecard subtitle=関連記[…]

 

アッパーアームの交換には…

  • 14ミリのメガネレンチ
  • 17ミリのソケット
  • ギアプーラー

 

この3つの工具が必要です。

 

作業内容に関しては、ISと全く同じですので、こちらをご覧下さい。

 

関連記事

レクサスのIS250(GSE20)のフロントアッパーアームを純正から調整式に交換しました。 フロントアッパーアームの交換方法を作業手順から使用工具まで分かりやすく解説していきます。 18.20クラウン、マ[…]

 

ナックルの交換

 

アッパーアームの交換とまとめて、ナックル交換を行うと非常に作業効率が良いのでおすすめです。

 

 

アッパーアームを外して、ブレーキ周りをゴッソリ外せば簡単に交換可能です。

 

※別の作業も並行で行っているため車高調が外れています。

 

1つ余談ですが、ISFのナックルはクラウンと同じ長さです。

 

ISの場合はクラウンより20ミリ短いので、クラウン用の短縮加工品を購入する際注意が必要ですが、ISFはその辺りの心配はありません。

 

今回は40ミリショートのキャンバー3度仕様のナックルを組み込みました。

 

あまりにも、短縮し過ぎてしまうとそれはそれで弊害が出てくる場合もあるので要注意です。

 

関連記事

先日、当サイトの読者様よりこんな質問を頂きました。 アッパーアームが干渉するので、ナックルの短縮加工を検討していますが、短縮量はどうやって決めるべきですか? ナックルの短縮加工を検討しているものの、短縮量[…]

 

ナックル交換に関しても、作業内容自体はISと全く同じなので、こちらをご覧下さい。こちらの記事で詳しく解説しています。

 

関連記事

IS250(GSE20)のフロントナックルを短縮ナックルに交換しました。 基本的に、クラウンも全く同じ作業内容です。どういうか同年式のトヨタセダンは基本同じです。 この記事では、IS250/18クラウンの[…]

 

まとめ

 

今回は、ホイールの兼ね合いもあり、キャンバーが極度に付くように計算して足回りを組み込みました。

 

トヨタ車のフロント周りは、比較的作業しやすい造りですので作業がとても楽です。

 

これから、足回りを組み込む方は参考にしてみて下さい。

 

途中で出てきた写真でお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、キャンバーアダプターも同時作業で取り付けました。

 

※キャンバーアダプターももちろんクラウン用が使えます。

 

 

詳しくはこちらでご覧下さい。

 

関連記事

IS250(GSE20)にキャンバーアダプターを取り付けしました。 基本的に18.20クラウン等も全く同じ作業方法になります。 この記事では、IS250(GSE20)にキャンバーアダプターを取り付け方法に[…]

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

先日、知人のISのテンションロッドを調整式に交換致しました。 そこでこの記事では、ISやクラウンのテンションロッド交換方法について簡単にまとめておきます。 これから、テンションロッドを交換する方は参考にし[…]

関連記事

IS250(gse20)や18クラウン等のトーコントロールアームを交換する際は、メンバーを少し下げて交換する必要があります。 少し触った事がある方や、足回りを除いた事がある方ならご存知の方も多いかもしれません。&nbs[…]

関連記事

先日、BMW(E91)からIS250(GSE20)に乗り換えまして、足回りのカスタムがとりあえず、ひと段落しましたので、記事にしていきます。 この記事では、ホイールのサイズ、使っている部品を始めとする、出来るだけ多くの情報[…]

最新情報をチェックしよう!