軽自動車の車高短にはどのぐらいのバネレートを使うべき?

先日、当サイトの読者さんよりこんな質問を頂きました。

 

軽自動車の車高短にはどのぐらいのバネレートがおすすめですか?これからバネを購入するのですが迷っています。アドバイス下さい。

 

かなりざっくりとした質問ですが、お答えしていきます。

 

この記事では、軽自動車の車高短にはどのぐらいのバネレートが良い?このテーマでお話していきます。

 

 

軽自動車の車高短にはどのぐらいのバネレートを使う?

 

あくまでも個人的な意見ですが、軽自動車に使うバネレートは以下の通りです。

 

  • フロント 8〜14キロ
  • リア   5〜10キロ

 

画像のムーヴのようなスタイル(ホイールを完全に収める)であれば、フロントに10キロ。リアに7キロ。このぐらいで十分対応可能です。

 

正直、軽自動車にこれ以上のバネレートはリスクを伴います。

 

だけど、もう少し硬いバネを使ってストロークを抑えたい…。

 

そんな意見もありそうですが、個人的にはこれ以上のストローク制御を望む前に、車体側に工夫を入れます。

 

つまるところ、ストロークを止めるのではなく【ストロークできるように対策する】という事です。

 

このバネレートをお勧めする理由

 

先ほどのバネレートをお勧めした理由は、つまらないトラブル防止のためです。

 

そのトラブルがこの2点です。

  • フレームが突き抜ける
  • 加工アクスルが折れる

 

あまりにも、硬すぎるバネを使ってしまうと、普通車とは違ってこのようなトラブルの原因になります。

 

また、軽自動車の車重では、これ以上のバネレートを使うと乗り心地の面から見ても、どうしようも無くなります。

 

もちろん、【バネレートが硬い=乗り心地が悪い】では無いですが、ドレスアップ用に市販されていて、その辺によく出回る車高調では、対応しきれるバネレートはたかがしています。

 

これが、先ほどお伝えしたバネレートをお勧めする、個人的な理由です。

 

バネレート選定の実例

実際に僕自身や周りの友人たちが使用している(していた)バネレートを参考程度に紹介しておきます。

 

車高やバネレートの関係性が参考になるかもしれません。

 

▪️ムーヴ

 

  • フロント 14キロ
  • リア   7キロ

 

▪️ワゴンR

 

 

  • フロント 8キロ
  • リア   7キロ

 

特別ツラ攻めたりしないのであれば、このぐらいのバネレートが個人的にベストです。

 

 

使ってる車高調や状態にもよりますが、このぐらいのバネレートであれば、減衰力調整で抑えが効くため乗り心地にも差し支えありません。※不快な跳ね方はしない。

 

こちらも同じ車ですが、仕様が異なるためバネレートも変更しています。

 

  • フロント 10キロ
  • リア   14キロ

 

▪️ムーヴコンテ 

  • フロント 8キロ
  • リア   6キロ

 

ちなみに、軽自動車のリアバネには【オーバーテック】がおすすめです。

 

 

画像をアップした車の中だと、最後のムーヴコンテ以外は全てオーバーテックです。

 

関連記事

僕自身、初めて買った車がスズキのMH21Sワゴンrだったという事で、非常に思入れのある車です。(多分。そういう事にしておきます。) 弄り始め、リアバネの選択にかなり悩まされたのを今でも良く覚えています。 いかんせんアクスル車のリアバ[…]

 

 

まとめ

あくまでも、個人的な主観ですが…

 

軽自動車のバネレート選びは、10キロ前後を視野に検討するのがいいと思います。

 

※フロントは10キロを少し超えても良いけど、リアは10キロ以下が良いかな…。(跳ねちゃう。)

 

あまりにもハイレートなバネを使ってしまうと、車体側が衝撃に耐えられなくなる恐れも十分あります。その辺りは頭に入れておきましょう。

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

車を弄っていく上で『ホイール』の選択は切っても切り離せないと言っても過言ではありません。 軽自動車って履けるホイールサイズが限られており、そもそも『7j』って履けるかな? そんな疑問を抱く方も多いです。 7jが履けるかどうかで、[…]

関連記事

 軽自動車の車高が下がらない... こんな質問を頂く事がチラホラあります。 確かに軽自動車は下がり難いです。 そこでこの記事では、軽自動車の車高が下がらない理由と車高を下げ[…]

関連記事

車高を下げたり、キャンバー角を付けると車はトー角度というものがズレてしまいます。一度ズレてしまったトー角を自分で正確に調整をする事はなかなか難しいものがあります。当然自分で調整する方法なんかもありますが、正確に数値を確認できる訳ではない為、[…]

関連記事

特に軽自動車をに車高を下げようとした際、『アクスル加工』が頭に過ぎると思います。 アクスル加工という言葉やなんとかなくの意味は分かるけど、でもやっぱりよく分からない...そんな人にも分かるようにアクスル加工の全てをお話していきます。 […]

最新情報をチェックしよう!