注目キーワード

【エッセ(L235)】ロアアーム交換。延長ロアアーム取り付け

エッセの足回りを一通り組み終えたのですが、ドライブシャフトがドン突きしてる…。

 

関連記事

車高を下げたり、キャンバーを付けている方なら一度は聞いた事があるのではないでしょうか? 『ドライブシャフトのドン突き』 ドライブシャフトのドン突きって何?!と言う方に向けてドライブシャフトのドン突きとは一[…]

 

そこで延長ロアアームを組み込みましたので、エッセのロアアーム交換についてお話ししてきます。

 

 

 

使用する工具

 

  • タイロッドエンドプーラー
  • ラチェット
  • スピンナーハンドル
  • 長めのエクステンションロッド
  • ソケット(10、17ミリ)
  • メガネレンチ(14ミリ)

 

ボールジョイント部分は、テーパーが喰っているためタイロッドエンドプーラーを使用して外していきます。

 

 

エッセのロアアーム交換

 

関連記事

先日、次の通勤車となるダイハツエッセを購入してまいりました。 これから色々な作業を行う中で、何度もジャッキアップをする機会があると思うので、先にジャッキアップポイントやリジットラックの掛け方を紹介しておきます。&nbs[…]

 

まず始めに、ロアアームに固定されているスタビリンクを外します。(基本的にエッセは元々は付いてないかも。)

 

そしたら、ロアアームを固定する3箇所のボルトナットを全て外します。ボールジョイント側のナットに関しては、ソケットが入らないので、メガネレンチの使用です。

 

 

プラス、Rピンが入っているのでそちらも外します。

 

ロアアームを固定する2本のボルトとナットを外したら、1本だけボルトが外れないと思いますので、それを最後に外します。

 

 

外し方は簡単で、サスペンションメンバーのボルトを緩めて、メンバーをズラして引き抜きます。

 

ここのボルトは地味長くてあっさりは抜けません…。メンバー下ろせば話は別ですが。そのため、ボルトを緩めた状態で少し強引にメンバーを下げてクリアランスを確保する必要があります。

 

 

たまに、面倒になるのか組み込む時にメンバーの下からボルトを固定する人もいますが、何かあった時にボルトが落下してしまうのであまりお勧めはしません。

 

あとは逆の手順で取り付ければ作業完了です。

 

 

まとめ

 

ダイハツ車のロアアーム交換は少しばかり、手間が掛かります…。

 

慣れてしまえばそんなに難しい作業では無いですが、あんまり慣れるほど交換をする人も多くは無いですね。

 

かなり端折りながら解説したので、もっと詳しく知りたい人はお手数ですが、こちらの記事をご確認下さい。ムーヴラテの作業ですが、要領は全く同じです。

 

関連記事

先日、通勤用に購入してきたムーヴラテ。悪路を走った際のゴトゴト音が酷いのでロアアーム交換です。 ※無事ロアアーム交換にて、ゴトゴト音とおさらばしました。 この記事では、ムーヴラテ(l550)のロアアーム交[…]

 

今回取り付けした延長ロアアームは10ミリロングです。少し車高を下げて少しキャンバーを付けてドン突いたぐらいなら、10ミリ延長ぐらいがベストです。

 

むやみに長いロアアームを使用してはダメですよ…。

 

関連記事

キャンバーを付けたいが為だけに『ロアアーム延長』を視野に入れる方が多く目立ちます... しかし、これは『正解』でもあり、『不正解(やってはいけない)』でもあるんです。 つまり、『足回りの構造』によって、や[…]

 

それでは。

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 ロアアームを延長するとどんな効果がありますか?また、どんな目的があってロアアームを延長するのでしょうか? 先日、このような質問を頂きました。 そこでこの記事では、ロアアームを延長する目的と[…]

関連記事

ロアアームの余りが転がっていたので、延長加工をしました。 すでに延長ロアアームが取り付けられているのですが、延長量が多過ぎるため...(とか言いつつ、興味本位というかなんというか。) そこでこ[…]

関連記事

車高調とアクスルを取り付けたのですが... ドライブシャフトがどん突いているので、延長ロアアームを組み込むことにしました。 ※直進は良いんだけども、ハンドルを切っている時にどん突きが起こる。 […]

最新情報をチェックしよう!