車のスパークプラグにオイルが付着する原因【放置するとどうなる?】

 

車のスパークプラグを交換しようと、外してみたらスパークプラグにオイルが付着していました。原因は何ですか…?

 

先日、友人からこんな質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、車のスパークプラグにエンジンオイルが付着する原因について解説します。合わせて、これを放置したまま乗り続けるとどんなリスクがあるのか?という点についても少しお話しします。

 

結論、ガスケット(ゴムパッキン)の劣化が原因です。

 

 

スパークプラグにオイルが付着する原因

 

車のスパークプラグにエンジンオイルが付着する原因は、シリンダーヘッドカバーのガスケット(ゴムパッキン)の劣化によるオイル漏れが原因です。

 

シリンダーヘッドカバー(タペットカバー)を外すと、下の画像のようにスパークプラグが入り込む部分に、パイプが建てられています。

 

ここにヘッドカバーが刺さるのですが、エンジンオイルが漏れないよう、ゴムパッキンが使用されています。

 

※プラグホール部分のゴムパッキンは、この下の車のようにパッキン側面でオイルを止めるタイプと、ヘッドガスケット達と同様に、上から押し付けてオイルの侵入を防ぐタイプの2種類あります。

 

※画像はゴムパッキンが外してある状態です。

 

 

 

シリンダーヘッドカバーのガスケットとセットで販売されるケースが多いです。カバーを一度開ける以上、どの道両方交換しないといけませんからね。また、ジムニーのガスケットのようにカバー側のガスケットと一体式の車もあったりします。

 

このパッキンが劣化すると、パッキンの隙間からエンジンオイルが漏れて、プラグホールにエンジンオイルが流れ込み、スパークプラグにオイルが付着します。

 

また、オイルが付着するのはスパークプラグだけではなく、当然イグニッションコイルにもオイルが付着します。

 

あまりにも状況が悪化すると、オイルの付着を通り越しオイルに浸ります。

 

放置したまま乗り続けるとどなる?

 

プラグにオイルが付着しているけど、今まで何に問題もなかったし、しばらくこのままでも良いかな?

 

スパークプラグやイグニッションコイルにエンジンオイルが付着を、放置したまま乗り続けると、付着したエンジンオイルによって接触不良を引き起こし【点火不良】を招く恐れがあります。

 

点火不良が起こるということは、エンジンが掛からなくなったり、エンジンがストールしてしまうと言う事です。

 

最悪の場合、イグニッションコイルが壊れてしまう恐れもあります。そうなれば、修理費用がかさむのでなるべく早めの修理がお勧めです。(軽自動車みたいに3本ならまだ良いですけど…)

 

 

 

どうせ遅かれ早かれ直さないといけない不具合です。

 

まとめ

 

スパークプラグを外す際に、エンジンオイルの付着があった場合はシリンダーヘッドカバー部分に取り付けられているガスケット(ゴムパッキン)の劣化が原因によるオイル漏れです。

 

放置したまま乗り続けると、点火不良を引き起こし、まともに走行出来なく恐れも十分あります。(オイル漏れの度合いにもよりますが…。)

 

修理にはシリンダーヘッドカバー(タペットカバー)を一度脱着する必要があるので、交換は少し面倒ですが。自分で交換するなり、車屋さんにお願いするなり、早めの修理をお勧めします。

 

それでは。

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 車屋さんに勧められてプラグ交換をしようと思っているけど、プラグ交換をやるとどんな効果があるの? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。 そこでこの記事では、先日プラグ交換をした車で得ら[…]

関連記事

 スパークプラグの交換を自分でやりたいんだけど、難しいかな? そんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。 そこでこの記事では、作業手順を細かく紹介しながらスパークプラグの交換方法に[…]

関連記事

長い事愛用している我が家のジャッキ2機をまとめてオイル交換する事にしました。 ジャッキのオイル交換ってどうやるの? そんな人もいらっしゃると思います。そこでこの記事では、油圧ジャッキのオイル交換方法を紹介[…]

最新情報をチェックしよう!