【車】バンパーの処分方法【4パターン】

  • 2022年5月13日
  • 2022年5月13日

 

車のバンパーを交換したので、いらなくなったバンパーを捨てたいんだけど、いつもどうやって処分しているの?

 

先日、友人よりこんなことを聞かれました。

 

そこでこの記事では、車のバンパーを処分する方法について【4パターン】紹介していきます。

 

 

車のバンパーを処分する方法【4パターン】

 

車のバンパーを処分する方法は、ざっくり4パターンあります。

 

  • 小さくして可燃ゴミ
  • アップガレージに売りに行く
  • ゴミ処理場に直接持っていく
  • 解体屋さんに持っていく

 

順番に補足説明を加えながら、解説していきます。

 

小さくして可燃ゴミ

 

バンパーを小さくカットするのは少し手間ですが、小さくカットすれば可燃ゴミとして出せる場合があります。僕はグラインダーで切断して小さくしておりますが、弓ノコ等でも切断可能です。

 

 

 

これは市町村ごと、決まりが変わってくるので、必ずしもこの方法で処分出来るとは限りませんが、僕が住んでいる地域はこの方法で処分が可能です。

 

不安であれば、市町村に電話で確認を入れた方が良いと思います。僕の場合は、この方法でOKが出ましたので、大概この方法で処分しています。

 

場合によっては、バンパーに固定用の金具が付属している場合があるので、それだけ取り忘れないように…。

 

アップガレージに売りに行く

 

お近くにアップガレージさんがあるのであれば、アップガレージに売りに行くという手段もあります。値段が付くか否かはさておき、処分したいのであれば、この選択肢も悪くないと思います。

 

1回だけ、フロントバンパーをアップガレージさんに持ち込んだことがありますが、1000円ぐらいになった記憶があります。

 

自分にとっては不要なバンパーでも他に誰か使いたい人もいるかもしれません。

 

※ボロくても補修ベースとかで。

 

それなら、ゴミにならないので、環境にも優しい。処分も出来て一石二鳥ってやつですね。近くにアップガレージさんがあるのであれば、バンパーを持って売りに行くのも1つの選択肢としてありだと思います。

 

仮に、値段が付かなくとも引き取りはしてくれるかも。

 

ゴミ処理場に直接持っていく

 

市町村のゴミ捨て場から集められたゴミを焼却するゴミ処理場に直接バンパーを持ち込めば処分してくれる場合もあります。

 

僕が住む市のゴミ処理場は大きなゴミでも、直接持ち込みで引き取りしてくれます。

 

一度友人の付き添いでゴミ処理場に出向いた際に、車のバンパーが丸々転がっておりました。

 

詳しくはお住いの市が運営する、ホームページ等をご覧になって確認を取ってみて下さい。

 

解体屋さんに持っていく

 

車の廃車を解体している解体屋さんや金属ゴミの買取をしている業者さんにお願いすれば、車のバンパーを無料で引き取ってくれる場合があります。

 

これは、業者さんによっても変わってくる場合があるかもしれませんが…

 

  • 引き取りしてくれない
  • 有料での引き取り

 

お近くに自動車の解体を行なっている業者さんがあれば、電話等で問い合わせてみて下さい。

 

【〇〇市 自動車 解体屋】と検索してみれば、お近くの解体屋さんが見つかると思います。

 

まとめ

 

車のバンパーを処分したい時には、以下の方法で処分が可能です。

 

  • 小さくして可燃ゴミ
  • アップガレージに売りに行く
  • ゴミ処理場に直接持っていく
  • 解体屋さんに持っていく

 

人それぞれにあった捨て方があると思います。

 

また、小さくして可燃物として処分する場合は、自分が住んでいる市町村によってはそれが許されない場合もあるかもしれませんので、事前に確認しておくことをお勧めします。

 

※トラブルになっても責任は取りませんからね。

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 これから車を乗り換えるにあったって、車を売却するんだけど車検を取ってから売るべきか取らずに売るかどっちが得かな? 先日、友人にこんなことを聞かれました。 そこでこの記事では、車検を通してか[…]

関連記事

先日友人よりこんな質問をされました。(よくこのようなどうでも良い相談がチラホラ友人より来るの。) セダンとクーペで迷ってるんだけど、お前ならどっち買う? あまり深く考えたことも無かったですが、もし僕がセダ[…]

関連記事

 最近、ETCカードが全然読み込んでくれずに困っている... こんな方は少なくありません。 ここには色々な原因が挙げられていますが、1番多い原因は【熱害】によるICチップの破損です。&n[…]

 

最新情報をチェックしよう!