キャンバーを簡単に調整する方法【3つのサスペンション構造ごと】

 

キャンバーを調整したいのですが、簡単にキャンバー調整する方法を教えて下さい。

 

先日、当サイトの読者さんよりこんな質問を頂きました。

 

【簡単に】という基準が難しいところではありますが、比較的簡単にキャンバー調整が出来る方法を分かりやすくお伝えしていきます。

 

※サスペンション構造ごとに違いがあるので、その辺は分けてお話しします。

 

 

キャンバーを簡単に調整する方法

 

この3つのサスペンション構造ごとに、キャンバーを簡単に調整する方法をお伝えしていきます。

 

  • ストラット
  • マルチリンク(ダブルウィッシュボーン)

 

簡単なキャンバー調整の基準は、極力お金がかからず、作業難易度の低い方法を紹介していきます。

 

※車種によってはどうしても、お金を使って部品調達が必要な場合もありますが。

 

ストラット

 

ストラット車で簡単にキャンバー調整をする方法は、調整式ピロアッパーマウントを使う方法です。

 

ストラット車で言えば、最も定番なキャンバー調整方法の1つですね。

 

 

この方法であれば、サスペンションをバラす必要もなく、車をジャッキアップすれば良いだけなので、簡単です。

 

絶対条件として、調整式ピロアッパーマウントが使われていなければ話になりませんが…

 

詳しい調整方法はコチラの記事でお話ししています。

 

関連記事

ストラット車では貴重なピロアッパーマウントでのキャンバー調整方法。 自分でやってみたいけど、やり方が分からない... そんな方に向けて、ピロアッパーマウントでのキャンバー調整方法について分かりやすく解説していきます。 %[…]

 

調整式のピロアッパーマウントが付いていない場合でも、ストラットタワーの取り付け穴が長穴になっている車もあり、その場合なら1度ほどキャンバー調整が可能です。

 

 

長穴の分、ショックアブソーバーがずれてキャンバー調整が可能です。

 

サスペンションを固定しているボルトを緩めて、タイヤを押せばショックがズレるので、この場合も簡単にキャンバー調整が可能です。※ジャッキアップしながら。

 

マルチリンク

 

マルチリンク(ダブルウィッシュボーン式も)の場合、純正の偏心カムボルトを使った調整方法が簡単に(お金をかけずに)調整が可能です。

 

もちろん、すべての車で偏心カムボルトが採用されている訳ではないので、一概には言えませんが結構の車で使われています。

 

 

偏心カムボルトを使ったキャンバー調整方法は、コチラの記事で解説しています。

 

関連記事

マルチリンク式のサスペンションでは、純正のアームのままキャンバー調整ができる車があります。 特にリア側のサスペンションですね。 偏心カムボルトを使ったキャンバー調整方法は、多くの車種で同じ要領で調整可能で[…]

 

偏心カムボルトが使われていない場合や、調整幅が足りない場合は調整式アッパーアームの導入が他の候補です。

 

アッパーアームはロアアームと比べて値段が安いことや、取り付けの難易度も低めです。※もちろん車種によるけど。

 

 

調整式のアッパーアーム(キャンバーアームとも言う)を一度つけてしまえば、その後のキャンバー調整は比較的簡単です。

 

初期投資が必要ですが、【簡単にキャンバー調整】という意味で見ればかなり理にかなった方法かな〜?とも思います。

 

関連記事

 これから調整式のアッパーアームを買うんだけど、どこのメーカーが良いのかな? アッパーアームを購入する際、どこのメーカーを購入するか迷う方も多いです。 そこでこの記事では、アッパーアームのお[…]

 

キャンバーアームの取り付けに当たる基礎知識(これぐらいは最低限知っておいた方が良いなという情報)をコチラの記事でお話ししています。

 

関連記事

 これからキャンバーアームの取り付けをやるんだけど、自分で出来るかちょっと不安... そんなユーザーも少なくありません。 キャンバーアームの取り付け自体、それほど難しい作業ではありません。ポ[…]

 

キャンバー調整をした後はトー角調整も

もうご存知の方も多いかもしれませんので、深くは触れませんが、少しでもキャンバー角を調整すると、トー角(アライメント)がズレます。

 

そのため、サイドスリップなりアライメントを取ってもらう必要があります。

 

 

詳しくはコチラでお話ししています。

 

関連記事

車高を下げたり、キャンバーを付けたりすると、車はトー角がズレしまいます。 そこで、トー角の調整を行う上でしっかり頭に入れておきたいのが、【アライメント】と【サイドスリップ】の違いです。 アライメントとサイドスリップはどちらもズレてし[…]

 

もし、一時的に自分で調整するのであれば、メジャーを使ったトー角の調整方法も知っておくと役に立つかもしれません。

 

関連記事

車高を下げたり、キャンバーを付けたりすると車のトー角はズレてしまいます。 トー角がズレた状態で走行を続けると、タイヤがすぐに減ってしまったり、クルマが真っ直ぐ走らなくなってしまいますね。 そんな事は分かってるんだけど...4輪アライ[…]

 

まとめ

 

同じサスペンション構造であっても、車種ごとにキャンバー調整の方法が異なる場合もあります。

 

最後はご自身の判断で、自分に合ったキャンバー調整方法を試してみて下さい。

 

キャンバーの付け方については、コチラの記事に多くの方法をアップしています。コチラも参考になるかもしれません。

 

関連記事

車を弄っていく上で見た目好みに【キャンバー】を付けたい!と思う人は少なくない。 1つだけ言っておくけど『キャンバーなんて無闇に付けるものではない。』 そんなのどうでもいいからキャンバーの付け方が知りたいん[…]

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

キャンバーを付けるうえで多くの方が気になる点の1つ。 【キャンバーを1度付けるとホイールは何ミリ引っ込むのか?】 今日はこの問題についてお話ししていこうと思います。 結論、やってみないと分かりません。しかし大凡の目処は付けられ[…]

関連記事

キャンバーを意図的に付けたい人もいれば、車高を下げたことによって付いてしまったキャンバーを【起こしたい!】と考える人も多いです。 車によっては車高を下げると付けたくも無いキャンバーが勝手に付いてしまう場合もあります。 そんな方に向け[…]

関連記事

車を弄っていく中で、アッパーアームやロアアームの純正流用を考える人は少なくありません。 そこでアームを純正流用する3つのメリットを解説していこうと思います。 これから純正アームの流用を考えている方は参考にしてみて下さい。純正ア[…]

最新情報をチェックしよう!