【エッセ(L235S)】プラグ交換。品番や標準番手はいくつ?

エッセのプラグがそろそろ寿命を迎えていそうな気がしたので、プラグを取り寄せ交換することにしました。

 

そこでこの記事では、エッセのプラグ交換についてお話ししていきます。

 

合わせて、エッセの番手についてもお話ししてきます。

 

 

エッセのプラグ適合と品番

※画像出展:NGKホームページより

 

  • 標準プラグ LKR6C
  • イリジウム LKR6AIX-P

 

 

 

エッセのプラグ番手は、メーカー推奨で【6番】になります。

 

サーキットを走ったり、高回転を回すような人たちは、番手を1番上げて7番のプラグを使用する人もいます。街乗りで普通に乗るだけなら、メーカー推奨値の6番を選択してやればOKです。

 

 

イリジウムプラグを選択する方も多いですが、正直街乗りだけなら標準プラグで十分かな。と言うのが個人的な意見です。

 

エッセのプラグ交換

 

エッセのプラグを交換する際には、エアクリーナーのダクトを外してやる必要があります。

 

クリップ1本を外してやれば、あとは手で引き抜いてやるだけです。右側の方にピンがゴムに刺さっているだけです。

 

 

あとはイグニッションコイルを固定する10ミリのボルトを引き抜き、イグニッションコイルを引き抜いてプラグを交換すれば作業完了です。

 

ちなみに、プラグレンチのサイズは16ミリです。

 

 

 

プラグ交換の基本的な作業要領はこちらの記事をご覧下さい。

 

関連記事

 スパークプラグの交換を自分でやりたいんだけど、難しいかな? そんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。 そこでこの記事では、作業手順を細かく紹介しながらスパークプラグの交換方法に[…]

 

まとめ

 

エアクリーナーボックスのダクト部分を外せば、エッセのプラグは簡単に交換可能です。

 

理想は、車検毎時に交換がベストと言われます。アイドリング不調やセルを回してからエンジンが掛かるまでの時間が長いような時な、プラグ交換で解決する場合も多いです。

 

いくらもしない部品なので気になったタイミングで交換してみることをお勧めします。

 

 

 

もし、プラグ交換をする際には、セットでISCVの清掃もやっておくと良いと思います。

 

関連記事

プラグ交換をしたついでに、ISCVの洗浄を行いました。 作業後、時々発生していたアイドリング不調が大幅に改善し、やった甲斐がありました。 そこでこの記事では、エッセのISCVの洗浄方法についてお話ししてい[…]

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 エッセの足回りを組むのに、どの車の部品が流用出来るんだろう? エッセの部品を探してくるよりも、他車種から流用した方が部品数も多く、安上がりになるケースも少なくありません。 そこでこの記事で[…]

関連記事

先日購入した、エッセのエアコンフィルター交換を行いました。 そこでこの記事では、エッセのエアコンフィルター交換方法についてお話ししていきます。 ちなみに、エッセの場合エアコンフィルターは装備されていません[…]

関連記事

先日、購入してきたエッセですが、とにかく1速のギアの入りが悪い...。前のオーナーから、車を譲り受ける際に言われてのですが...。 そこでギアの入りを解決するべく、クラッチ交換を行いましたので詳しく解説していきます。&[…]

関連記事

先日、購入してきたエッセもようやく全ての足回りを組み終え、通勤快速号が仕上がりました。 足回りを組み込んだだけで、拘り等一切ないつまらない車ですが、簡単に紹介だけしておきます。 写真に加えて、足回りの詳細[…]

関連記事

先日のクラッチ交換に続き、ミッションオイルの交換を行いました。絶賛筋肉痛です。クラッチ交換した際に、オイルが届かなかったので後日、ミッションオイル単体で...。 [sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

 

最新情報をチェックしよう!