MENU
カテゴリー

【L575S】ムーヴコンテに15インチ7J装着。オフセットやホイールマッチングの話。

 

NーONEに履かせていた15インチ7Jのホイールを譲り受けるから、このホイールが履けるように足回りの組み付けと調整をしてちょーだい。

 

とお願いされたので、L575Sムーヴコンテに7Jが履けるように足回りの調整を行いました。

 

そこでこの記事では、【L575S】ムーヴコンテに7J装着時の話をしていきます。ホイールのオフセットやキャンバー調整などなど…。

 

 

目次

【L575S】ムーヴコンテに15インチ7J装着

 

今回L175ムーヴに装着したホイールのサイズは以下の通りです。

 

  • 7J+32 前後通し
  • 165/45r15

 

結論からお伝えすると、それほど大掛かりな加工等は不要で、ムーヴコンテに7Jのホイールを履かせることが可能です。よほどオフセットを間違えない限りは…。

 

▪️履かせたホイール

 

フロント 

 

  • キャンバーボルト
  • 調整式ピロアッパーマウント
  • ブラケット長穴加工

 

ダイハツの軽自動車の場合、フロントにここまでキャンバーを付けてしまうと、ほぼ確実にドライブシャフトがドン突き、走行出来ませんので、延長ロアアームを同時に組み込み、ドライブシャフトを外側にオフセットしてあります。

 

※延長ロアアームを入れると、折角押し込んだホイールがまた外に出て来てしまいますが、こればっかりは致し方無い。

 

あわせて読みたい
【L175やL375】ロアアームの交換方法 少し前に乗っていたムーヴを譲った友人より、ホイールを購入したのでこのサイズのホイールが履けるように、足回りを組み直して欲しいとのお願い。   そのため、フ...

 

ただ今回はこの延長ロアアームによって、ホイールが外に出てきた分を加味してフェンダーとどツラぐらいですね。

 

 

フロントに関しては、7J+32のホイールを履かせた段階で、約7〜8ミリ程度車高調とホイールのクリアランスがある状態で、かつフェンダーからホイールが10ミリちょっと出ていたので、調整式のピロアッパーマウントが必須です。

 

いまいち理由が分からない方はこちらの記事をご覧下さい。

 

あわせて読みたい
調整式ピロアッパーマウントでキャンバーを付ける最大のメリット キャンバー角を付けるアイテムで有名な調整機能付きのピロアッパーマウントですが、初めから付いている車高調もあれば調整出来ないものも存在します。   正直ピロ...

 

 

 

あわせて読みたい
【DIY】キャンバーボルトの取り付け方法【画像多め】 先日、ムーブに車高調を取り付けたのですが、ポジティブキャンバーが付いているので、対策としてキャンバーボルトの導入をおこなします。   そこでこの記事では、...
あわせて読みたい
RSR(BLACK I)に調整式ピロアッパーマウント取り付け   RSRの車高調を使っているんだけど、やっぱり調整式のピロアッパーマウントが付けたい...。けど、RSRからは調整式のアッパーマウントが出ていない。何とか他のメ...

 

リア

 

  • 可変式キャンバーアクスル
  • フェンダー部分1箇所カット

 

リアに関しては、可変式のキャンバーアクスルを少し前に組み付けていたので、キャンバー調整をしてフェンダー内部に入れてやりました。

 

内側のクリアランスもそれなりに確保されているので、大きくストロークしても干渉することはありません。

 

助手席側に関しては、燃料パイプとのクリアランスがやや狭かったので、燃料パイプを固定しているボルトを一旦緩めて、燃料パイプを少しだけ内側に入れ込んだ状態で再度固定しなおしてあります。

 

※ストロークチェックを行い干渉しない程度のクリランスはありましたが、自分の車では無いので念のために。

 

 

もちろん、ストロークをバンプラバー等で止めたりはしていませんが、ストロークしてもどこにも干渉することなく、ホイールが収まります。

 

ただ、車高調に付属してくるバネレートだと、後部座席に人が乗ってしまうと車高が下がり、干渉してしまう可能性があるのでバネを変更してレートを上げています。使用しているバネはオーバーテックさんの7Kです。

 

あわせて読みたい
【L175・L375】車高調のリアバネ交換/バネレートアップ 先日、友人のL175ムーヴのホイールを6Jから7Jに履き直す際、各部の調整に加えて車高調に付属してきたバネよりバネレートが高いスプリングへの交換も同時作業で行いまし...

 

 

7J装着に伴う加工

 

今回、ホイールの装着と足回りの組み付けに伴い、それほど大掛かりな加工と呼べるものはしておりませんが、手を入れた箇所は以下の通りです。

 

  • フロントフェンダーの爪折(部分的に)
  • フロントインナーフェンダーの加工
  • リアフェンダーの爪切り
  • リアバンパーのリブ削り

 

自分の車であれば、面倒なのでインナーフェンダーは撤去でもいいですが、今回自分の車ではないので、インナーフェンダーを熱で温め、干渉箇所の形状を変更してタイヤとのクリアランス確保を行なってあります。

 

あんまり人の車でザクザク切るのは嫌ですからね…。

 

今回ぐらいの車高と出面であれば、ヒートガン1つで簡単にタイヤとインナーの干渉を回避することが可能です。

 

あわせて読みたい
【車高短】インナーフェンダーの干渉対策/ヒートガンを使って加工 車高をある程度下げていくと、インナーフェンダーとタイヤの干渉が起こるケースは珍しくありません。   いつも車高を下げている時、インナーフェンダーはどうして...

 

 

まとめ

 

ムーヴコンテの前後に7Jを履かせることは十分可能です。

 

ホイールサイズ(オフセット)にもよりますが、ムーヴコンテに7Jを履かせる場合、前後5度以上のキャンバー角が必須です。

 

もちろん、ストラットタワー部をガッツリ内側に移設でもしてやれば話は別ですが…。あくまでも市販品の部品をそのまま取り付けて履かせようとした場合の話です。

 

また、フロントは車高調とホイールのクリアランスにそれほど余裕がないため、調整式のピロアッパーマウントを使用し、なるべくタイヤハウスを広々使ってやらないと7Jのホイールが収まりませんので注意です。

 

あわせて読みたい
調整式ピロアッパーマウントでキャンバーを付ける最大のメリット キャンバー角を付けるアイテムで有名な調整機能付きのピロアッパーマウントですが、初めから付いている車高調もあれば調整出来ないものも存在します。   正直ピロ...

 

 

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

あわせて読みたい
【ムーヴコンテ(L575S)】足回りの流用まとめ。タントやムーヴと共通〜   ムーヴコンテに車高調を取り付けようと思っているのですが、タントの車高調は取り付け出来ますか?     度々この手の流用に関する質問を頂くことが多く... ...
あわせて読みたい
【ムーヴコンテ(L575S)】ロアアームの交換。延長ロアアーム組み付け 友人からの依頼で、ムーヴコンテのロアアーム交換作業を行いました。   そこでこの記事では、ムーヴコンテのロアアーム交換方法や使用する工具について紹介してい...
あわせて読みたい
【ムーヴコンテ(L575S)】アクスル交換 先日、友人からの頼まれもので、ムーヴコンテのアクスル交換を行いました。   そこでこの記事では、ムーヴコンテのアクスル交換について紹介していきます。  ...
あわせて読みたい
【ムーヴコンテ(L575S)】車高調取り付け。フロント編 先日、友人よりムーヴコンテに足回りを組み付けてほしいとお願いされましたので、一通り足回りの組み付け作業を行いました。   そこでこの記事では、フロントの車...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DIY作業で学んだ情報や専門家から得た情報をDIYユーザーに解りやすくお届けします。ずっと乗りたかったミニクーパーを手放し、今は10万円のムーヴと30万円のBMWに乗る25歳。

目次